この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

えっ!その音、ギターじゃないのですか?

今回はね、いきなり

聴いていただこうと

思うのですよ。

どうぞ。

www.youtube.com

 

動画を張るとね、

ネタバレになることが

ありますからね、

なかなかツラいとこが

ありますね。

 

ブライアン・ブロンバーグの

「チョイス」(Choices)という

アルバムからの一曲でした。

「Audubon Park」です。

 

あ、そう、って?

 

もっと驚いて欲しいんですが。

少なくともおかしいぞとか

思って欲しかったなあ。

 

ブロンバーグって

ベーシストなんですよ。

ご存じでしょう?

 

先程の動画、ギターの音色が

前面に出てませんでしたか?

 

出ていたけど、ちゃんと

2分ちょい前から

ベースの音、入ってるじゃんて?

 

そうですね。

普通のアコーステックベースの音も、

確かに入っていますけど・・。

 

そうじゃなくてですね、

最初からのあの音色、 

あれ、ベースの音だといったら

ビックリしませんか。

 

びっくりしたでしょう?

 

ピッコロ・ベースってヤツだそうです。

 

www.youtube.com

一応、ボケておきます。

このピッコロさんでは

ありませんよ。

 

CDにはこんな写真がのってました。
f:id:ninasimone:20200110181641j:image

奥に見えるのが普通の

アコーステックベースでしょう。

で、手前のが、ピッコロ・ベース。

いやもう、普通のギターじゃないですか。

弦が4本てとこだけしか

違いがわからないんですけど。

 

CDにもね

 THERE ARE NO GUITARS ON THIS RECORDING!

て、書いてあるんですよ。

 

最初っからギター使っちゃダメなのか

という疑問は置いておいて、

こんな動画がありました。

www.youtube.com

何言ってるかはわかりません。

わかりませんが、「ピッコロベース」という

単語は聞き取れました。

 

ネックも普通のギターと比べると

若干長いように見えます。

 

ふーん、そうなんだと

お勉強させてもらいました。

 

では、ピッコロベースの曲を

もう一曲、どうぞ。

www.youtube.com

ベースとピッコロベースは

ブロンバーグですから

前半は独り芝居みたいなもんですね。

ピアノはデイビッド・ベノワです。

 

フュージョンというか

スムースジャズというか

とても、心地の良い

聴きやすいアルバムだと思いますね。

 

Choices by Brian Bromberg

Choices by Brian Bromberg

  • アーティスト:Brian Bromberg
  • 出版社/メーカー: A440 Records
  • メディア: CD
 

 

最初の「Audubon Park」ってのは

アメリカのニューオーリンズにある

公園のことでいいんでしょうかね。

 

私のCDのブックレットには

タイトルとかのことについては

何にも書いてないのです。

ちょっと気になりますね。

 

でわ、また。