この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

またまた咲いた、インデペンデンス!

しつこいですが、

インデペンデンス、

3度目の開花です。

www.kokochiyoi-blog.com

 

www.kokochiyoi-blog.com

 

インデペンデンスは、

熱帯性スイレンの品種です。

 

またかよ。

いいかげんにしろよ

とか、思ってます?

 

そんなこと言わないの。

当人、うれしいんだから。

 

ま、花には変わったところは

ないんですけどね。

ちょっとずつ、小さくなっている

感じはしていますが・・・。f:id:ninasimone:20190828125652j:image

ほぼ1週間に、

ひとつの周期で

咲き続けていますね。

 

そのエネルギーは

いったい何処から

来るのでしょうね。

 

鉢はいま、こんな風です。f:id:ninasimone:20190828125839j:image

右下に鉢外に

倒れ込んだ1回目の花。

左側に水に沈んだ2回目の花。

右上が今咲いている花。

真ん中から少し右下に

次の蕾が見えています。

4つ目ですね。

f:id:ninasimone:20190829064423j:image

 

朝晩が、涼しく

なってきましたから、

そろそろ成長が

止まるのではと

心配しております。

 

5つ目の蕾、出てきますかね。

 

で、1回目の花殻が

どうなっているのか

というと、こうですね。

f:id:ninasimone:20190829064449j:image

 

実は、少し前に

花茎がちぎれて

落ちてしまったのです。

 

花が咲いてから

2週間ちょい

経過したわけですが、 

うーん。どうなんだろう。

 

中を見たいところですが、

まだ、その時期でも

ないような気がします。

あと1週間待ちますかね。

 大人ですからね。

辛抱します。

 

ただ、ちぎれちゃってますからね、

生物学的に言えば

これからさらに

栄養を蓄積して

充実するとか

そんなことはないですよね。

 

待つ意味があるのか

疑問ではありますね。

誰か答えてくれませんかね。

 

Pat Metheny & Dave Holland - Question and Answer - YouTube

Question and Answer

Question and Answer

 

1990年リリースのこのアルバム、

ベーシストのデイヴ・ホランド、

ドラマーのロイ・ヘインズとの

トリオなんです。

ドラムが前に出すぎのような

気もするんですが

(単にメセニーのギターが聴きたいだけ)

メセニー節全開、だと思います。

もちろんデイヴ・ホランドの

ベースもグッドですがな。

 

さて、仮に種らしきものが

この中にあったとして、

それが発芽するのは

来年の春。

 

歳を重ねたとはいえ、

何と気の長くなったことか。

 

若いころには、年単位で

物事を考えたことは

無かったような気がするなあ。

 

ところでスイレンもね、

ハスと同じで、

入れ物が大きければ

株も大きくなるんだそうですね。

世界一やさしい 株の教科書 1年生

世界一やさしい 株の教科書 1年生

 

え、この株ではない 。

 失礼スました。

 

そして栄養が十分であれば

同時に2つの蕾を

つけることもあるらしいのです。

 

今年は、直径10㎝、深さ12㎝ほどの

プラスチック容器を

鉢に沈めて育てていますが、

15㎝ほどの直系のモノに

変更してやるとどうなんでしょうね。

 

体積は倍以上になりますから、

かなりの変化になると思うのですが。

 

来年、複数の株で

実証してみようと思います。

 

でわ、また。