この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

シルヴァン・ヌーヴェルって、知ってます?

シルヴァン・ヌーヴェルという人

ご存知ですかね。

 

この本の著者です。

巨神計画 文庫 (上)(下)セット

巨神計画 文庫 (上)(下)セット

  • メディア: セット買い
 

巨神計画、上下2巻です。

2018年の星雲賞海外長編部門

受賞作品です。

www.youtube.com

 

三部作の第一部になります。

上下で1枚の絵になっている

表紙もいいですね。

 

もっとも創元SF文庫では、

常套手段のようですけど。

 

第二部の巨神覚醒、

第三部の巨神降臨も

既に発刊されています。

それぞれ上下巻がありますので、

読破するなら、6冊セットですね。

 

ありがたいことに

文庫で出ています。

が、しかし、文庫本って

いつからこんなお値段に

なったのですかね。

 

お財布に優しい、

学生に優しいという

イメージだったのが、

一冊買うのに、

夏目さん1枚で

お釣りももらえないなんて。

 

お高くなったものです。

 

読みたい本は、文庫本であれば

まず、蔵書にしてきたのですが、

なかなかできなくなりました。

 

何度も言いますが

上下2巻の三部作。

コンプリートには

6冊揃えなければなりません。

樋口さんでも足りません。

なので、図書館で借りました。

 

ありがとう、図書館!

 

地球上の各地に散らばる

未知の科学でつくられた

巨大ロボットをめぐる話です。

まずは、巨大な「手」が

発見されるところから

始まります。

 

巨大ロボット・・・。

SFの王道ですよね。

え、違う?

いやあ、とか、

ジャイアントロボとか。

王道でしょう?

 

ゲッターロボとか鉄人28号とか。

 

受賞インタヴューにも

「マジンガーZ 」って単語、

聞き取れましたよね。

 

え、SFじゃねえって?

そ、そうですかね。

立派にSFだと思いますが。

まあ、科学的な理屈は

不在かも、ですけどね。

 

ここに出てくるロボットは

中で人が操縦するタイプなので

ジャイアントロボや鉄人とは

確かに違いますね。

しかも操縦は2人がかりですし。

 

そういえば、

交響詩篇エウレカセブンの

ニルヴァーシュも2人乗りでしたね。

ニルヴァーシュ spec2 (交響詩篇 エウレカセブン)
 

 

それにしても発想は

まさに日本のロボットアニメ

そのものでしょう。

 

色々なレビューに

書かれているように、

全編が報告書形式、

或いは会話形式で

進められているところが

特徴です。

 

このスタイルは

私にとっては

取っ付きにくかった反面、

自分の頭の中で映像化

しやすかったような気がします。

 

科学的な理論理屈の

延長上にあるSFとは

言いがたいかも、ですが、

ストーリーはとても

面白いと思います。

 

いま、第二部の「巨神覚醒」を

読み始めました。

巨神覚醒〈上〉 (創元SF文庫)

巨神覚醒〈上〉 (創元SF文庫)

 

ああ、夜が短い。

 

次にはこいつが待っている。

巨神降臨 上 (創元SF文庫)

巨神降臨 上 (創元SF文庫)

 

 

一気に読み終わりたいところです。

だがしかし、今貸し出し中なんですと。

新刊でもないのになと思いつつ

待つしか術はありません。

 

図書館の本は、

こういうことがあるのが

ネックですよね。

 

ただ、気は逸るものの、

悪い気はしないですよね。

仲間のような気がして・・。

 

でわ、また。