この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「チック・コリアのアランフェス、素敵だと思うよ。」 - Spain

アランフェス協奏曲。

1939年に「ホアキン・ロドリーゴ」が作曲したギター協奏曲です。

三つの楽章で構成されていますが、もっとも有名なのが第二楽章ですね。

前にもこの曲に絡んだ話をしてますね。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

ジャズの世界では、あのマイルス・デイビスの「スケッチ・オブ・スペイン」(1959年)に収録のヴァージョンは、特に有名ですね。

私はというと、ジム・ホールがCTIから出しているヴァージョンなんか涙が出るほど好きですよ。

これも、前に書きましたか。

じじいは同じことを繰り返すもんですよ。

 

で、これをですね、元にして作られた楽曲というものがありましてね。

そう、今回は「チック・コリア」でいってみましょう!

 

「 ライト・アズ・ア・フェザー」(Light As A Feather、1973年)なるアルバムがあります。リターン・トゥ・フォーエヴァー名義のアルバムですね。6曲収録のこのアルバムのラストに「スペイン」という曲が入っています。これがそうですね。

聴いてみましょう。

www.youtube.com

いかがですか?

いいでしょう?

 

この曲、いろいろとカヴァーもされていますし、彼自身、いろんなアルバムに収録してますね。

 

例えば、マンハッタン・トランスファー(The Manhattan Transfer)の「The Chick Corea Songbook」(2009年)の3曲目、前にも紹介した島袋寛子の「Coco d'Or」(2004年)の12曲目にヴォーカル入りで収録されています。 

チック・コリア ソングブック

チック・コリア ソングブック

 
CoCo d’Or

CoCo d’Or

  • アーティスト: Coco d’Or
  • 出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2004/05/26
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 27回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る
 

 

コリア自身のものでは、「Akoustic Band」(1989年)の10曲目、「Super Trio」(2006年)の7曲目などですか。

 

そして極めつけは、彼と上原ひろみの二枚組アルバムの「Duet」(2008年)です。このアルバムのモノはタイトルが「Concierto de Aranjuez - Spain」になっていますね。

ピアノの「デュエット」、ライブの盛り上がりと相まって、聴きごたえあります。

Duet

Duet

 

 

「チック・コリアのアランフェス、素敵だ」と思いますし、ヴァージョン違いはそれぞれ特徴があって、どれを聴いても心地よいぞ、という話でした。

 

でわ、また。