この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

鋼のように、ガラスの如く。

ジョン・レノンの

「Steel and Grass」

(邦題:鋼のように、ガラスの如く。)

という曲を

ご存じでしょうか。

 

ビートルズ・ファンの方は、

よくご存じでしょうけど、

ビートルズのマネージャーだった

アラン・クラインの

悪口ソングだとか

いわれていますね。

 

オリジナルを

聴いてみましょう。

 

John Lennon - Steel And Glass

 

この曲は、

ジョン・レノンの

ソロ通算4枚目のアルバム、

「Walls and Bridges」(1976年)

に収録されています。

心の壁,愛の橋

心の壁,愛の橋

 

 

実は、わたスは、

このアルバムを聴いて

この曲を知ったわけではありません。

 

1995年にリリースされた、

「Working class Hero」という

トリビュート・アルバムで

初めて聴きました。

 

それが、コレ。

Working Class Hero: A Tribute to John Lennon by Various Artists

Working Class Hero: A Tribute to John Lennon by Various Artists

 

参加しているのは、

レッドホットチリペッパーズ、

マッド・シーズン、

キャンドル・ボックスなどです。

チープ・トリックもいましたな。

 

おそらく、

大体の人が

参加ミュージシャンの

ほとんどをご存知ないのではと

思います。

 

あ、私基準ですが・・。

グランジ系のバンドが多いようです。

ja.wikipedia.org

 

話の「Steel and Grass」は、

キャンドル・ボックス」という

バンドがやっています。

 

Candlebox - Steel & Glass - YouTube

 

わたスの中では、

本家のモノより

こちらの方が何か

グッとくるんですよ。

何故でしょうかねえ。

暗さ、重さ?

それとも

最初に聴いたから?

 

あ、そっちかあー。

 

とにかく、

ヘビロテした曲の

一つでありますね。

 

同アルバムに収録のモノでは

タイトルにもなっている

「Working class Hero」という曲を

スクリーミング・トゥリーズ」が

やっているんですが、これも

好きですね。

 

Working Class Hero - Screaming Trees - YouTube

 

どうでしょうか。

 

面白いアルバムって

あるんですね。

 

でわ、また。