この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

やるこたぁ、ちゃんとやれよ!

「Take care of business」は、

ニーナ・シモンの曲ですね。

discogsなんぞを見ると

Andy Stroudの作曲

となっています。

 

誰?

 

調べてみると、

どうも、ニーナの

旦那さんのようです。

 

これは、もともと

「Put on a spel on you」

というアルバムに

収録されていた曲なのです。

 

それが、なんと、

2015年の映画

「コードネーム u.n.c.l.e.」

で使われていたと

知りました。

www.youtube.com

 

そんなに昔でもないのに

これは、知らなかったですね。

コードネームU.N.C.L.E. [Blu-ray]

コードネームU.N.C.L.E. [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: Blu-ray
 

 

この映画は、

0011ナポレオンソロの

リメイクなんだそうですが

見たことはありません。

 

オリジナルの0011は

テレビで見た覚えがあります。

ただ、見たことがありますが、

「アンクルから来た男」

っていうタイトルには、

まったく覚えがないですね。

 

ああ、懐かしい。

もちろんモノクロですよ。

テレビがね。

作品は、途中から

カラーになったらしいです。

 

ちなみに、アンクル(uncle)は、

United

Network

Command for

Law and 

Enforcement

の略だそうです。

 

どうでもいい話でしたね。

 

さて、横道に逸れちゃいましたが、

このタイトル「Take care of business」、

よく聞くフレーズですよね。

 

歌詞の冒頭は、

こうです。

Don't talk just hold me closer,

let me sit on top of your knee

Go ahead and take care of business for

me, for me, for me

あたいのためにやるべきことを

ちゃんとしろってことでしょうか。 

つまり、愛してね!

 

では、聴いてみましょう。

www.youtube.com

 

堂々とした

ニーナ・シモン節では

ないでしょうかねえ。

 

映画もそうでしたが、 

サウンド・トラック も

 面白そうです。

Man from U.N.C.L.E

Man from U.N.C.L.E

 

 

やらねばならんことは、

チャンとするようにします。

 

でわ、また。