この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「Esbjörn Svensson Trio、再び」 - The Chapel

以前、E.S.T.というグループの話をしましたが、その続きです。

www.kokochiyoi-blog.com

 

最近「E.S.T.」のアルバムを3枚入手しました。

「E.S.T.」というのは、北欧のピアニスト、エスビョルン・スベンソンを中心とするトリオ、「Esbjörn Svensson Trio」のことです。

 

「From Gagarin's Point Of View」(1999年)

「Good Morning Susie Soho」(2000年)

「Strange Place For Snow」(2002年)

 

グループでいうと、4~6枚目のアルバムになります。

 

今頃、何なの?という感じですが、ま、いろいろとあるんですよ。

 

で、どれも期待どおりの内容でした。

やはり、私にぴったりのグループです。

 

そして、この3枚のなかでは「From Gagarin's Point Of View」が、一番聴き心地が良かったですね。。

メロディアスでしっとり、ときどきアップテンポなものもあって、飽きさせない、と感じました。

 

なので、「From Gagarin's Point Of View」から3曲目の「The Chapel」をどうぞ。

Esbjorn Svensson Trio - The Chapel - YouTube

 

5曲目のアルバム・タイトル曲「From Gagarin's Point Of View」はしっとり感たっぷりですし、うねるようなメロディラインの6曲目「The Return Of Mohammed」もイイですねえ。

アルコのベースが際立つ9曲目の「Subway」も独特の雰囲気で素敵だと思います。

From Gargarin's Point of View

From Gargarin's Point of View

  • アーティスト: E.S.T.エスビョン・スベンソン・トリオ
  • 出版社/メーカー: Act Music + Vision
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

「Gagarin」(ガガーリン)が、あの宇宙飛行士のガガーリンのことなのかどうかは、ライナー・ノーツ読んでも書いてありませんでしたが、もしそうだとすると、はるか上空、いや宇宙の一視点から音楽の何かを視たのでしょうかねえ。

 

「E.S.T.」の新しくもないアルバムを入手したのですが、期待どおりに心地よかったぞ、という話でした。

 

でわ、また。