この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「今さらながら、深紫はやんごとなき集団であったなあ」 - The Cut Runs Deep

ディープ・パープルというグループをご存じない方は、そんなにはいないのかなと。

あ、洋楽ファンの中でという条件付きでですね。

洋楽ファンであれば、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

私は、オーソドックスに「スモーク・オン・ザ・ウォーター」からのファンです。

 

オーソドックスう? 何が?

 

気にしないでください。

あの1972年の名盤「マシン・ヘッド」(Machine Head)の収録曲ですよね。5曲目です。

マシン・ヘッド

マシン・ヘッド

 

 

その後、メンバー交替をしながら、1976年に解散しました。

 

解散後は、それぞれが、それぞれのバンド結成したりしながら活動を続け、1984年に再結成するんですね。

そして、「パーフェクト・ストレンジャー」をリリースするんですが、そこそこ売れたりしてしまいました。

これが、第6期の活動となるそうです。

その再結成後の3枚目「スレイヴス・アンド・マスターズ」(Slaves and Masters、1990年)、このアルバムの1曲がいいんですよ。

2曲目の「The Cut Runs Deep」という曲なんです。

 

アルバムのセールスは、前2作には全く及ばないんですけれどもね、なんかこの曲は気持ちがノる。

どうぞ。

 Deep Purple - The Cut Runs Deep - YouTube

 

イントロのピアノ、そしてそれに続くギターのリフがねえ、しびれますねえ。

 

じゃら、んら、ららららら、んらんら

じゃら、んら、んらー、んらんら、じゃら、んら、んらー

 

なんか違うな。

まあ、いいか。

なんかそんな感じで絶叫したりしちゃうんですねよね、いい歳こいて。

 

メンバーは、

ジョン・ロード(Key)
リッチー・ブラックモア(G)
イアン・ペイス(Ds)
ロジャー・グローヴァー(B)
ジョー・リン・ターナー(Vo)

 

おーっと、ヴォーカルを除けば、往年のメンバーですよね。

前作までいた、イアン・ギランは脱退(させられた?)してます。

で、このジョー・リン・ターナーは、「レインボウ」のヴォーカルだった人ですね。

 

曲もレインボウっぽいところもあるけれど、ジョン・ロードのキーボードほ、全盛期を彷彿させます、と私は思うのですが。

 

スレイヴス・アンド・マスターズ

スレイヴス・アンド・マスターズ

 

 

世の中にいろいろとあるメンドクサイことはみんな忘れて、大声張り上げて、心地よくなりましょうという話でした。

 

でわ、また。