この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

台風崩れの温帯低気圧、プレッシャーかけるのやめてくれよ。

台風18号。

四国地方では、

猛烈な雨を降らせました。

被害にあわれた方には

謹んでお見舞い申し上げます。

 

さて、その台風18号、

温帯低気圧になっても、

勢力は維持したままで

ゆっくり(20km)と

移動するもんですから、

我が地方では、

長時間強い風が吹きました。

丸2日です。

 

おかげで、植物たちは

えらい痛手を被って

しまったのです。

 

例えば「ダイアナ」。

f:id:ninasimone:20191004150643j:image

慌てて風除室に

避難させたのですが、

時すでに遅し。

 

例えば「イヌバラ」。

f:id:ninasimone:20191004173941j:image

葉っぱが飛んで丸坊主に。

 

たとえば「コスモス」。

f:id:ninasimone:20191004173954j:image

なぎ倒されてしまいました。

 

そして、アナベル。

f:id:ninasimone:20191004174030j:image

もう、ボロボロです。

もうしばらくすれば、

どうせ落葉するんですけど。

 

自然界では仕方のないこと

なんですよね。

なんですけど、

ちょっと傷心の

ニナシモネであります。

 

温帯低気圧っていうのは、

英語で「extratropical cyclone」 とか

言うそうです。

単なる低気圧だと「low pressure」

言うそうですね。 

「低」い気「圧」なわけですね。

 

ところで、

クイーン(QUEEN)の楽曲に

「アンダー・プレッシャー」

(Under Pressure)

というのがあります。

 

こちらの「圧」は

気圧ではなく

精神に重くのしかかる

「重圧」といいますか

そういう意味ですね。

 

わかるよそれくらいって?

失礼しました。

 

Queen - Under Pressure (Official Video) - YouTube

 

1981年にシングルでリリースされ、

翌1982年のアルバム「ホット・スペース」

に収録されました。

 

わたス的には「ホット・スペース」は

クイーンのアルバムの中では

あまり頻繁に聴かないアルバムですが、

この「アンダー・プレッシャー」は

ちょっと違います。

 

良く聞いてください。

知っている人は

何をいまさらという話ですが。

 

55秒ぐらいからの

「It's the terror of knowing~」

と歌う低い声。

デヴィッド・ボウイの声ですね。

 

実はこの曲、クイーンとボウイの

共作なんです。

これは、あらかじめ

企画されていたわけではなく

偶然の産物だったようですね。

 

ボウイが特別に好きってわけでもないですが

彼の低音は好きなんですよね。

なので、参加しているという

それだけで思い入れがあります。

 

それとこの曲だけではないのですが、

初期のクイーンでは

あまり表に出てこなかった

ベースのジョン・ディーコンが

イントロから前面に出てるんですよね。

代わりにブライアン・メイが

引っ込んじゃってます。

ホット・スペース

ホット・スペース

 

 

まだ、一つや二つ、

台風来るんでしょうかねえ。

あんまり圧かけないで欲しいな。

 

でわ、また。