この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

水の底深く流れるものとは。

「Undercurrent」というと

ビル・エヴァンスとジム・ホールの

デュオ・アルバムしか

知りませんでした。

アンダーカレント

アンダーカレント

  • アーティスト:ビル・エヴァンス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: CD
 

 

ハードロックしか

聴いていなかった頃に

たまたま、水に浮かぶ

女性のジャケットが

気になって

買った覚えがあります。

 

こういう形式の

音楽があるんだなあと

その時、思いました。

インタープレイって

いうんだそうですね。

 

その後、随分してから

同じタイトルの

別のアルバムがあることを

知ります。

 

それが、

ケニー・ドリューの

「Undercurrent」でした。

Undercurrent by Kenny Drew

Undercurrent by Kenny Drew

  • アーティスト:Kenny Drew
  • 出版社/メーカー: Classic Records
  • メディア: DVD Audio
 

ケニー・ドリューにとっては

ブルーノートでの

2作目のリーダーアルバム です。

そして、ブルーノート最後の

アルバムとなります。

 

なぜなら、彼はこのあと

ヨーロッパへ移住してしまうからです。

 

ケニー・ドリューという

ピアニストは大好きなんですが、

その移住先のヨーロッパで

ペデルセンと組んだトリオの

アルバムしか聴いたことは

なかったのですね。

 

ビル・エヴァンスのアルバムが

1962年のリリース、

ケニー・ドリューのアルバムが

1961年といいますから

タイトルに関して言えば

なにか微妙な感じです。

 

水面下の見えない水の動きを

想像させる音楽なのかと思いきや

フレディ・ハバード(tp)、

ハンク・モブレー(ts)という

ホーン2本を前面にした

ハードな1枚でした。

 

こういうのを

ハードバップというんだ

と教えてもらいました。

 

教えてもらいましたけど

いまだによくわかっていません。

 

 ま、それは置いておいて、

アルバム「Undercurrent」の

1曲目「Undercurrent」を

聴いてみましょう。

www.youtube.com

どうでしょう?

何という疾走感でしょうか。

最初の時は、変な心構えで

聴いたものですから

「???!」っていうような

印象だったのですが、

今ではこのアルバムを聴くたびに

体が元気になります。

 

つい先日も、2曲目の

「Funk-cosity」をヘビロテしながら

7kmもウォーキングを

したばかりです。

www.youtube.com

どうです?

5分15秒辺りからの

ピアノソロが心地良いです。

 

ミディアムテンポで

6km/hのペースで歩くのに

ちょうどいいですよ。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※

 

「Undercurrent」 というと

「底流」とか

「表面には現れない暗流」いう意味で

転じて心の奥底に流れる感情という

意味にも使われるようです。

 

このアルバムの

「Undercurrent」ってのは

どういう意味なんでしょうねえ。

 

でわ、また。