この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「”ホワイトゼノア“って、知ってるかい。」 - White Genoa

ホワイトゼノアって知ってますかな。

イチジクの種類です。

家の畑に植えてあります。

こんなやつです。

f:id:ninasimone:20180710081324j:plain

 

f:id:ninasimone:20180710081349j:plain



写真見せられてもねえ、種類までわかんねーよ。

 

ですよねー。なかなかわからないですよねー。

 

さて、いちじく自体も好き嫌いのある果実だとは思っていますが、そんな中、なにゆえ「ホワイトゼノア」なのか?

 

ドーフィンとか蓬莱柿とかあるだろうにとお思いのあなた、いちじくファンですね。

 

それはですね、こんな文章を読んだからです。

 

糖度は高く芳香がかなり強い。

品質は中程度。

アメリカではケーキ用品種として有名。

日持ちは悪い。

大きさは小粒。

耐寒性は強い。

 

これをですね、普通のいちじくより甘い、良い匂いがする、耐寒性に優れている、と解釈したわけです。

植え付けてから、いちじくのことを調べました。

 

順番違うだろー。

そうですねえ。

年くってるわりに、結構、衝動的なものでね。

 

で、

いちじくの平均的な糖度は20ぐらい。

モノによっては30ぐらいのものもある。

大きさはまちまちで、80gから200g。

そんな中、ホワイトゼノアの糖度は16から20。

収量は多め。

耐寒性は強く、国内では岩手県などで栽培されている。

と、いちじく全体の中での位置付けを知ることになったのです。

 

そうか、特に甘いわけではないのか。

いちじく自体が甘い果実なのか。

 

と少しがっかりしたのですが、

昨年、植え付けてから二年目で4つほど実がとれました。

確かに小粒でしたが、実に甘かったですよ。

何と比べてか?

ココ大事ですね。

妻の実家に植わっているやつと比べてですね。

たぶん、ドーフィンだと思うのですけどね。なんでも、流通しているいちじくの80%は、ドーフィンだというのですから。

 

なので、今は、満足していますし、今年の収穫が楽しみなんです。

今、実がすずなりなのでね。

生食はもちろん、ジャムにも挑戦したいしね。

 

 

甘さで言えば「ヌアール・ド・カロン」なるおフランスのいちじくが糖度30以上とか。

セレストとかバローネなどという強者もあるらしい。

 

 

植えたいけど、場所がなあ。

 

ということで、いちじくに関するジジイの「取らぬ狸の皮算用」的妄想の話でした。

いや、鈴なりの実を見てるのは、心地よいですよ、というのは、妄想ではないですよ。

 

でわ、また。