この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「青い何々 といえば、それは間違いなく、私の好きな曲だと思うんですよ。経験則アンド直感で。」 - blue serge

「青」色、ありますよね。

海や空の色を「青い」と

表現するように、

身近な色として認知されて

いるのではないかと。

f:id:ninasimone:20190221175707j:plain

 空の青ね。

 

f:id:ninasimone:20190221180307j:plain

海の青ね、水族館だけど。

 

「青二才」とか、

「青春」、「青田買い」など、

未成熟なといった意味で

使われることもありますが、

清楚、綺麗、信頼といった

イメージもある色ですね。

 

さらには「悲しみ」「憂鬱」

といった暗いイメージもあります。

 

いろいろな意味を

併せ持っているので、

好きか、嫌いかというと

意見はわかれるのでは

ないでしょうか。

 

私のまわりにも、

「冷たい感じがする」

から好きではない、

という人は多いです。

 

でも、私にとっては、

好きな色のひとつなんですね。

 

「清楚、信頼」というよりは、

「悲しみ、憂鬱」といった

ネガティブなイメージの

色としてなんですけどね。

 

ネクラですから(笑)。

 

さて、そんなわけで、

「blue」という文字が

タイトルに入っている

曲を見つけると、

聴いてみようと思うことが

結構多いのです。

 

そして、そうした曲の多くは、

「My favorite song」

のひとつになっていますね。

 

これまでも、

タイトルに

「blue」を含む曲って、

いくつかご紹介してますね。

 

近いところだとこれ。

www.kokochiyoi-blog.com

 

古いところだとこれ。

www.kokochiyoi-blog.com

 

で、本日は「blue serge」 という曲を・・。 

「サージ」(serge)というのは

生地の名前ですね。

「あやおり」の毛織物のことだそうで、

スーツの生地などに使われています。

同じ「サージ」でも「surge」だと

電圧とかになっちゃいますね。

 

作曲は、「マーサー・エリントン」

(Mercer Ellington)という人。

「デューク・エリントン」

の息子さんだそうですね。

 

こんな曲です。

Bill Evans Intuition Blue Serge - YouTube

 

どうです。いい曲だと思いませんか。

いかにもエヴァンスといった

感じのする曲ですよね。

個人的には、前と最後の方にある

「Rhodes Piano」の音色が

アンマッチかなあと思ったりもします。

 

1975年の「エディ・ゴメス」とのアルバム

「Intuition」に収録されています。

 

Intuition

Intuition

 

 

ちなみに、「Intuition」というのは

「直感」という意味だそうですね。

 

まさしく、直感で

「こいつは、イイぜえ」

と思ったら正解だったって

ことスね。

 

でわ、また。