この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「プロテストソングっていうのは、聴く側にも覚悟がいるものだろうか。」 - Bullet the Blue Sky

「U2 」っていうロック・バンドを

ご存知でしょうか。

 

ロックを聴かない人は

知らないかもしれませんね。

 

アイルランドのグループです。

デビューは1980年。

 

1987年に5枚目のアルバム

「ヨシュア・トゥリー」

(The Joshua Tree)

をリリースし、

「ヨシュア・トゥリー・ツアー」

と銘打って、世界ツアーに

でています。

ヨシュア・トゥリー(通常盤)

ヨシュア・トゥリー(通常盤)

  • アーティスト: U2,ボノ,ポール・バレット
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/06/02
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

また、その様子は、

ドキュメンタリー映画

にもなっていますし、

「Rattle And Hum」という

アルバムにもなっています。

魂の叫び

魂の叫び

 

 

U2 魂の叫び [Blu-ray]

U2 魂の叫び [Blu-ray]

 

 

アルバム「ヨシュア・トゥリー」は、

全米と全英でチャートの

1位をとっていますね。

 

ちなみに「Joshua Tree」というのは、

「ユッカ属」の木の種類だそうです。

Yucca brevifolia - Wikipedia

 

このアルバムの中に

ブレット・ザ・ブルー・スカイ

(Bullet the Blue Sky)

という曲が収録されています。

 

もともと、歌にメッセージをのせて

発信する傾向が強いバンド

だったと思うのですが、

この曲も、当時のアメリカの

ニカラグア政策に対する

メッセージが込められている

というのです。

ニカラグア事件 - Wikipedia

 

歌詞はググってもらえればいいとして、

私は単純に、この曲の

重苦しいベースや

ボノのヴォーカルに、

込められているであろう

彼らの熱い憤り

を感じるのです。

 

そういう意味では

決して心地よい曲ではない

と言えるのですが、

なぜか聴きこんでしまうのですね。

U2 - Bullet The Blue Sky - YouTube

 

「Bullet the Blue Sky」とか

「Outside is America」とか

さらには

「Who run Into the arms Of America」

 とか・・。

 

なぜかしら

「ああ。」

というため息が・・。

 

 

余談ですが、

「Rattle And Hum」には、

ビートルズの「Helter Skelter」や

ボブ・ディランの「All Along The Watchtower」

も収録されています。

いずれも聴きごたえがある、

と思います。

 

でわ、また。