この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「Crystal Bells」って、知ってるかい?

「Crystal Bells」ってご存じですかね。

 

1983年にリリースされた

チェット・ベイカー(tp)

フィリップ・カテリン(g)

ジャン=ルイ・ラシンフォッセ(b)

のトリオによるアルバムです。

 

チェット・ベイカーは

1988年に58歳で

亡くなりますから

晩年に近い作品です。

彼は、ホテルの窓から

転落死したとされています。

体内から薬物も

見つかっていたそうですね。

 

さて、この「Crystal Bells」、

私には、どストライクなんです。

 

 

全曲リストアップしますと

1. Crystal Bells (Charlie Mariano)

2. Strollin (Horace Silver)

3. Lament (J. J. Johnson)

4. Leaving (Richie Beirach)

5.Cherokee (Ray Noble)

6. Estate (Bruno Martino)

の6曲です。

()書きは、作曲者です。

 

私のお気に入りは1曲目でしょうか。

www.youtube.com

50秒あたりで、ぐっ、

1分40秒あたりで、ぐぐっ、

2分20秒あたりから絶頂に、

3分あたりからのベースにガツン、

そのまま5分過ぎまで走り続けたあと

静かにエンディング、

そんな風に、私は感じております。

 

少し大袈裟かもしれませんが

(笑)。

 

作曲者の「チャーリー・マリアーノ」は

アメリカのサックス奏者ですね。

彼がやっている動画がありました。

www.youtube.com

ここでは、ソプラノサックスを

吹いているようです。

収録アルバムは、

タイトルも同じ「Crystal Bells」です。

1980年のリリースのようですね。

 

さて、次にお聴きいただきたいのは、

4曲目の「Leaving」。

www.youtube.com

渋すぎる。

トリオだと厚みがありますね。

 

バイラーク自身の「Leaving」は

彼の「Ballads」というアルバムで

聴いたことがあるのですが、

それはピアノ・ソロでしたから

これとは別物だと思います。

バラッド(期間生産限定盤)

バラッド(期間生産限定盤)

 

 

まあ、とにかく

全曲がこんな仕上がりなんですよね。

選曲がイイんでしょうかねえ。

「Estate」なんぞも

ナミダモンですよ(笑)。

 

これはねえ、

持っていてもイイと思います。

 

Crystal Bells

Crystal Bells

 

 

歌わないチェットも

いいでしょう。

 

でわ、また。