この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

ピンクのムスカリ「ピンクサンライズ」

我が家の敷地のあちこちに

ムスカリの球根が

植えられています。

 

その昔、100球ほどを

庭、ではなく敷地の

端っこに沿って

埋めたのです。

 

ただ、敷地の隅っこって、

結構、いろんなものを

植えがちですよね。

f:id:ninasimone:20200308111740j:image

既にホトトギス(右手前)と

フリージア(左)と

クロッカス(右中央)が

植わっているのがわかります。

真ん中が空いてそうに見えますが

んなことはねえ!のが

我が家の常識。

もう少し様子を見ないと

叱られちゃうのです。

 

場所がなかったという

わけでもないのですが、

ムスカリが植えてあることも

忘れてしまって、

違うものを植えようと

掘り返した結果、

出てきたムスカリを

別の場所に植え替えるという

愚行を繰り返している

わけなんですね。

 

そんなことで

あちこちにいるんです。

 

彼らは、植えっぱなしでも

毎年、律儀に

花を咲かせてくれます。

 

そう、こんな風に。

f:id:ninasimone:20200306213815j:image


f:id:ninasimone:20200306213836j:image

すべて紫色の

標準的なヤツらです。

 

昨年、ピンクのムスカリを

手に入れまして、

大事に鉢植えにしてあります。

なんてったって、

2球しかないのですから。

www.kokochiyoi-blog.com

 

少し分球させてから、

紫くん(普通のムスカリ)の中に

混植してやろうと、考えています。

わたスじゃないですよ、

球根おばさんが、です。

 

で、そのピンクのムスカリは、

まだ、蕾が出てきていません。

f:id:ninasimone:20200308103600j:image

 

上から覗いてみても、

気配もないですね。

f:id:ninasimone:20200308103642j:image

 

花の時期が揃わないと、

この野望は、魅力半減ですよね。

 

そうでしょう?

 

さて、どうするんでしょう。

 

ピンクはピンクで

集めておくのが一番だと

思うんですけどね。

それなりに群生するには

随分時間はかかるでしょうけど。

 

ま、 咲けばいいか、とりあえず。

 

そんなこと言ってるから

何か植わっているところに

また別のモノ植えようと

するんですねえ。

 

でわ、また。