この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

藍を育てています。愛も育てています。わっはっは。んなわけねーか。

今年も藍が育っています。

昨年に比べると

少しは良いんでしょうかねえ。

 

昨年の9月に

こんなことを書いていました。

www.kokochiyoi-blog.com

 

今年は今のところ

こんな感じです。 

f:id:ninasimone:20190803172613j:plain

 

良さげに見える。

 

コイツらはすぐに

自ら「藍」だと

自己主張するんです。

f:id:ninasimone:20190803172627j:plain

 

ちょっと傷つくと

すぐ青くなっちまうのよ。

 

コイツを収穫して、

また何か染めんだろうなあ。

 

ところで、

ジーンズの色を

出しているのは

合成インディゴという

化学染料らしいのですが

実はもともとは

インド藍という

植物から作られていたそうで、

インディゴという言葉も

インドに由来しているんですって。

 

で、日本の藍は

「Japanese Indigo」

となるようです。

 

さて、お待ちかね。

 

えっ、待ってねーよって?

またまたあ。

 

どうせ、「Indigo」って曲が

あるんですよっていう展開だろって?

 

・・・・・。

 

ドンがら

ガッシャんしゃーん。

 

そのとーりですがな。

まあ、聴け!

いや、聴いてください。

Clark,DiMeola,Ponty Indigo - YouTube

 

スタンリー・クラーク(ベース)、

アル・ディ・メオラ(ギター)、

ジャン=リュック・ポンティ(ヴァイオリン)の

三人によるプレイですね。

 

ジャン=リュック・ポンティは

エレクトリック・バイオリンの

演奏で有名ですが、

ここではアコーステック・バイオリンを

使用しています。

 

聴き応えのある

1曲だと

思いますが、

いかがだったでしょうか。

 

この曲、オリジナルは

アル・ディ・メオラなんですね。

聴いときます?

indigo - Al di Meola - YouTube

 

ツインギターになっていて

これはこれでイイ感じですねえ。

ギタリストの曲らしい。

 

三人のプレイは、

1995年リリースの

「The Rite Of Strings」

というアルバムに

収録されています。

The Rite of Strings

The Rite of Strings

 

 

オリジナルは、

アル・ディ・メオラの

1993年のアルバム、

Heart of the Immigrants」 

に収録されています。

Heart of the Immigrants

Heart of the Immigrants

 

 

夏の夜は、

汗だくになりながら、

「Indigo」ですな。

なんのこっちゃ。

 

でわ、また。