この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

音楽

自分が心地よいと思った音楽を、独断と偏見で、記事にしています。

「Benoitをベノワと読めなかったけど、へこまない。同じ綴りでベノイトっていう場合もあるようだぞい。」 - Gothic Jazz Dance

「デイヴィッド・ベノワ」という アメリカのピアニストがいますう。 ja.wikipedia.org アルファベットですと 「David Benoit」なんですが、 ベノワとは読めないですよね。 彼を知った最初の頃は、 「ベノーイ」と読んでいたような。 しかも、語尾は消え入り…

「ハーブって、ほんのりと香るのはリラックスできますよね。」 - Windflower

「ハーブ」って、いいですよね。 極端に匂いのキツイのは 勘弁なんですけれども、 ほんのりと香るのは リラックスできますよね。 ジャズ・ギタリストにも ハーブさんという方がおられますね。 「ハーブ・エリス」という アメリカの方ですね。 ja.wikipedia.o…

「低音の魅力5。忘れていたわけではないですよ。」 - Manha De Carnaval 2

私、勝手に「低音の魅力」と冠した シリーズものをやっております。 しばらくインターバルが開いておったのですが 2月に「4」をアップしたところです。 これですな。 www.kokochiyoi-blog.com 久しぶりに「5」であります。 「鈴木 勲」という方ですねえ、…

「いよいよ春本番か。そんなことはないのか。でも、チューリップが咲いている。」 - Tulipa turkestanica

チューリップと言えば、 長く伸びた茎の上に 大きな花がひとつ咲く そういうイメージですよね。 例えば、このような。 Amazon商品紹介 チューリップ 一重咲 20球入 変わり種であっても 花びらの形が変わるぐらいで、 茎の上にひとつ咲くのは 同じですよね…

「XXというアヤシイ名前のグループがあるんですよ。決してXXではないです。」 - Crystalised

「The XX」ってご存知でしょうかね。 え!破廉恥だぞって? いや、そんなアヤシイものでは ありませんよ。 音楽をやっているグループですよ。 ウィキペディアに記載があります。 ザ・エックス・エックス - Wikipedia 何気に聴く機会があって、 「いいんじゃ…

「あれから一年。思ったより元気で過ごせましたよ。そしてなぜかコナン。」 - START

私ね、昨年一旦退職しましてね、 仕事は、再スタートを切ったわけですね。 そうして、一年たったわけであります。 つまり、今日で再スタート2年目に なるわけです。 www.kokochiyoi-blog.com 昨年の今ごろは、 若い人たちの間で 煙たがられないか非常に 悶…

「セルフカヴァー・アルバムというもの、聴き方によっては面白いと思うのです。」 - 髪

自らのアルバムを リリースしながら、 他の歌手に楽曲を提供している ミュージシャンは 沢山おられますよね。 そして、そうした曲を ひとつにまとめて、 自らのアルバムとして リリースすることも 多いですよね。 セルフカヴァーと 言うんだそうですが、 広…

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン、私のおかしなヴァレンタイン、いやーそれ程でも。」 - My funny Valentine

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」 ゴリゴリのスタンダード・ナンバー ですよね。 えっ!違うんですか? 1937年のミュージカル 「ベイブス・イン・アームス」 (Babe’s In Arms)で使用された曲です。 使用されたというか このミュージカルのために書かれ…

「ロック・バンドのシング、シング、シング。なんだそりやー。でもイイのよ。」 - sing,sing,sing

「シング、シング、シング」という 曲をご存知でしょうか。 曲名は知らなくとも聞けばわかる、 そういう曲のひとつだと思います。 そーれ。聴いてみましょう。 シング・シング・シング - YouTube ほーら、知っていましたね。 たいていは、ビッグバンドの 演…

「松任谷由実の、タイムマシーン・ツアーに行ってきました。相変わらず凝ってましたね。」 - 輪部曲

久しぶりに、コンサートに行きました。 松任谷由実さんのです。 ドーム系の会場というのは 始めてでしたので、 会場入り前から、 少しばかり興奮してしまいました。 まだまだ青いなあ。 席の番号からは、あまりいい場所 ではないなあと思っていたのですが、 …

「ASIAがアジアでなくて詠時感だなんて、わかんねえよお。」- Only Time Will Tell

「ASIA」って、ご存知でしょか? 「アジア大陸」のアジアっすかって? まあ、そうね、そうなりますね。 そうなりますけど、違うんですね。 「エイジア」というバンドの名前でした。 ええ、そんな展開おかしいだろうって? いやいや、主導権は私にあるん…

「高速船と巨大海洋生物とCD」 - Follow the Whales

最近のことですが、高速船が 巨大海洋生物と接触して、 怪我人が大勢出た事故が ありましたね。 巨大海洋生物というのは、 ミンククジラではなかろうか という話も聞きますが、 実際のところは、 どうなんでしょうかねえ。 我が家から海は そう遠くはないの…

「ツアーのいちご狩りに行ってきました。意外と食べれないもんですねえ。」 - Strawberry Statement

イチゴ狩りに行ってきました。 自分で行ったのではなく ツアーでに参加したのです。 リンゴ狩りは何回か 行ったことあります。 リンゴはそう食べれる モノではないというのは、 経験上わかっています。 にもかかわらず、 4種類のイチゴが食べ放題 などとい…

「八重のクリスマスローズを衝動買い!いいのか、そんなことで、と自戒。」 - Fight!

前回、寒の戻りで身体は やられたけれども、 クリスマスローズは、 咲き始めているんですよ、 という話をしました。 花期は、1月から3月と 言われていますから、 まあ、そんなもんでしょう。 と、ここで不思議に思いませんか? 年明けてから咲くのに、 何…

「ああっ!喉まで 出かかっているのに!思い出せない気持ち悪さ。」- Maniac

とあるテレビ番組を 見ているときに、 バックに流れる 聞き覚えのあるメロディ。 ああ、確かに昔よく 聴いたぞという 懐かしい感覚が甦ってくる。 しかし、曲名が出てこない。 番組のナレーションに邪魔されて、 きっかけになりそうな歌詞も よく聞こえない…

「心身の変調があることもありますが、春はいいですねえ。」 - Suddenly It's Spring

春はいいですねえ。 季節の変わり目というのは、 気温の上下とか、 環境の変化も大きいですし、 進学とか就職、異動の時期にも 重なりますので、 なかなか大変ですけれども、 それでも、暗い空の下で、 鬱屈としていた気分から 解放されるという期待で ウキ…

「近くの街のライブに行って来ましたよ、3日間・・。」 - Autumn in New York

近くの街でね、ジャズの ライブがあったので、 3日連続で見に行きました。 毎年、この時期に やってるんです。 今年で15回目なのだとか。 私は、5年ほど前から 行くようになりました。 今年は、シンプルな トリオ構成のものはなくて、 どちらかというと 多…

「ビールのCMで聴くアノ曲は、お笑い番組で聴いていたアノ曲だった。デ・ジャブじゃなかったのよ。」 - Little Green Bag

ビールのCMのバックに流れるベースの音。 妙に気になったんですよねえ。 というか、他の番組でも聴いたことあるよなあ、と。 そう思いながら、放置していたんですよ。 あ、このCMのことです。 www.youtube.com なぜか、内村光良の顔がダブるんですよね。 原…

「暖冬のおかげで、身も心も余裕がある、ように感じています」 - Patricia Barber

夜がどんどん短くなってきているのに 何故か、秋の夜長に 聴くような音楽を 聴きたいと思っている 今日この頃です。 で、今聴いているのは、 「パトリシア・バーバー」 (Patricia Barber)という ピアニストのアルバム。 シンガー・ソングライターという 肩…

「プロテストソングっていうのは、聴く側にも覚悟がいるものだろうか。」 - Bullet the Blue Sky

「U2 」っていうロック・バンドを ご存知でしょうか。 ロックを聴かない人は 知らないかもしれませんね。 アイルランドのグループです。 デビューは1980年。 1987年に5枚目のアルバム 「ヨシュア・トゥリー」 (The Joshua Tree) をリリースし、 「ヨシュ…

「絶体絶命の時、アナタは、どうします?私は悶々とするだけですねえ、きっと。」 - Between the Devil and the Deep Blue Sea

「絶体絶命」 山口百恵の歌ですよねえ。 宇崎竜童の曲でしたね。 絶体絶命 / 山口百恵 - YouTube ええ?知らない? そうすか。残念です。 「じゃーぁん、ちゃかちゃか」と 鳴っているギターの音が好きなんですが。 ドラマチック アーティスト: 山口百恵,谷村…

「スクウェアであることを拒絶するとは、どゆこと?。変拍子の妙。」 - Unsquare Dance

「グリーンブック」、 アカデミー賞とりましたねえ。 しかしながら、 主人公の「ドン・シャ-リー」 (Don Shirley) のアルバムは、 1枚も持っていません。 第一、そんなピアニスト まーったく知りませんでしたもん。 これから、聴いていこうと思います。 …

「梅は咲いたか、桜はまだかいな。梅は咲いたけど、桜はまだですね。」 - Apricot Tree

梅が咲きましたよ。 蕾が膨らんでるという話をしたのが 2週間ほど前のことです。 www.kokochiyoi-blog.com あれから、気温が上がらなかった こともあるんでしょうが なかなか蕾は膨らまず、 今日のお天気で、 ようやくといった感じです。 これが、 こう に…

「変わった風貌の女性に 一目ぼれでもしたんでしょうねえ。」 - Dark Eyed Cajun Woman

わたくし、音楽聴くの 大好き人間なんです。 えっ、知ってるよって? ありがとうございます。 聴く音楽のジャンルは 全く、問いません。 ここでは、ジャズっぽいヤツが メインになっていますが、 心地よければ、 クラシックでも 雅楽でもイイんですね。 雅楽…

「青い何々 といえば、それは間違いなく、私の好きな曲だと思うんですよ。経験則アンド直感で。」 - blue serge

「青」色、ありますよね。 海や空の色を「青い」と 表現するように、 身近な色として認知されて いるのではないかと。 空の青ね。 海の青ね、水族館だけど。 「青二才」とか、 「青春」、「青田買い」など、 未成熟なといった意味で 使われることもあります…

「何事もうまくいかない日ってあるんですよ。その時は、スカッとする 音楽を聴こう」 - Bring Me To Life

何事もうまくいかない日って、 ありますよね。 朝、職場に行こうとすると、 全ての交差点が「赤」 でしたねえ。 なんとなく予感はあったんですよ。 するとですね、イントラネット上の ソフトウェアから Java 2 Runtime Environment が 「ねえ!」 の一点張り…

「自分にとっての心地よい曲といえども、揺れ動くものですよね。」 - amber skies

聴いていて 心地よい曲というのは、 私の場合、 かなり揺れ動いている と思います。 一日単位では、 変わらないかもしれませんが、 一月単位だと、 かなり怪しくなってきますね。 ましてや、 一年、二年となると・・・。 音楽って、感情に うったえるもので…

「いろいろあるけど、ブルー・イン・グリーンは、名曲ですよね。」 - Blue In Green

「ブルー・イン・グリーン」 という曲があります。 「Blue In Green」と書きますね。 どんな意味かっていうと ちょっとわからないですね。 いろいろと解釈もあるようですし、 直訳すると「緑の中の青」 ってことになりますが、 まあ、そんな理解でいいらしい…

「捧げるは愛のみ」 - I Can't Give You Anything But Love

「捧げるは愛のみ」 うわー、なんて こっぱずかしい タイトルでしょうか。 実は、ジャズの スタンダード・ナンバーの 邦題なのです。 原題は、 「I Can't Give You Anything But Love」 と言います。 実は、私はこの邦題と原題のニュアンスに 違和感を持って…

「フライト・ナイトとブラッド・フィーデル」 - Come to Me

「ブラッド・フィーデル」 (Brad Fiedel) という作曲家というか ミュージシャン、 ご存知ねえすか? 「ターミネーター」(1984年) の音楽を担当した人だ、 というとピンときますかね。 「ターミネーター」の続編のほか、 「トゥルーライズ」(1994年)な…