この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

音楽

自分が心地よいと思った音楽を、独断と偏見で、記事にしています。

「庭作り。園路にパーゴラに池ときたもんだ。やるぜ、おいらは。」 - Garden Life

庭をね、いじろうと 思っているんです。 けれど、なかなか できないんですね。 時間がないわけでも ないんですが、 重い腰を あげようとすると たいしたことではないものの 何かケチがつくみたいな。 言い訳すんなよって? へえ。 徳永英明 / 最後の言い訳 -…

「フローズンという言葉の響きには、冷たく寂しいものを感じますね。」 - Frozen

「Frozen」といえば、 「アナと雪の女王」の 原題ですよね。 Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014 [Import] 出版社/メーカー: (unknown) メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (6件) を見る 氷のように頑なに 冷たくなった心が 融けていくっていうような スト…

「ベリー三兄弟のそれぞれ。早熟のジューンベリー。」 - Berry

我が家のベリー三兄弟の 末っ子、ジューンベリーの 実が生りました。 今年に入って、 買ったばかりなので、 花はたくさん咲きましたが、 実のところ、果実の方は、 さほど 期待もしていなかったのです。 www.kokochiyoi-blog.com 案の定、 咲いた花すべてが…

「フェイジョアの実が食べたいのです、なんとしてでも。」 - Feijoa

フェイジョアの花が 咲いております。 まだ、蕾のものも かなり見受けられますから、 もう少し、華やかに なるでしょう。 なかなかに 熱帯系の花ではないかと 思いますね。 この木もですね、 一昨年の雪で 枝を折られてしまい、 ひどい目に遭っています。 枝…

「お馬鹿さん、って言われても、そんなに責められていないような気がしません?」 - How Insensitive

ボサノヴァのリズムってのは、 なぜか、心地よいですねえ。 今回は「How Insensitive」 という超有名な ボサノヴァの曲について お話したいと思います。 まず、タイトルなんですが 「Insensitive」ってのは 無神経とか無頓着 とかいう意味なんですってね。 …

「突然舞い降りる、古いメロディ。ずっとお前の男でいよう、ってか。」 - Forever Man

何のきっかけもなく、 ふと思い出す曲って ありますよね。 そんなことないですか? 先日、トイレに座っていて 突然、 「ドゥーン、ジャジャッジャジャーン」 というイントロが浮かんできました。 これがまた、 中途半端な思い出し方で イントロのフレーズを…

「レモンのそれから、ということです。2」 - '19 Lemon 2

レモンにね、挑戦しています。 ’19は、まず、ここからでした。 www.kokochiyoi-blog.com こういう蕾ができたぞ、 というところでしたね。 暖かくなってきたからでしょうか、 一気につぼみが膨らみました。 横から見ると、このように。 苗の大きさに比べて、 …

「六条大麦はお茶、二条大麦はビール、ルートビアーは炭酸飲料。以上!」 - Root Beer Rag

我が家の前には 田んぼがあります。 本来なら、この時期 植えられたばかりの苗が 満々と水を貼られた 田んぼの中で、 風にそよいで いるところなんですが、 今年は転作なんでしょうか、 いわゆる「麦秋」の 言葉通りの風景になっています。 去年も似たような…

「殺し屋と愛。凶暴な純愛。人って何なんだ。」 - Shape of my Heart

今からもう 4半世紀前に なりますかねえ。 ジャン・レノ主演の 「レオン」という映画が ありましたでしょう。 え、知らないなあって? そうですか。 1994年の米仏合作映画です。 当時のキャッチコピーが 「凶暴な純愛」 レオン 完全版 [Blu-ray] 出版社/メ…

「強い風が止まなかったことで、この2日間、すごく憂鬱でしたよ。」 - Blowin' in the Wind

ここ2日ほど、 南からの強風が 続いていました。 北海道では、 砂嵐で大変なことに なったようですね。 我がところも、 風速13m以上。 マックスで16m超。 植物の若い葉っぱは、 やられちゃうんです。 毎年のこととはいえ、 一生懸命育てている植物に 影響を…

「バーボン・ストリートはニューオーリンズにある有名な通りの名前だったのです。」 - Moon Over Bourbon Street

スティングというミュージシャン。 私は好きなんですね。 ジャズ・ミュージシャンが 彼の曲をプレイしていることは、 ここでも、何度かお話をしておる ところでありますね。 www.kokochiyoi-blog.com www.kokochiyoi-blog.com 今回は、彼が所属したバンド「…

「ジャスミン。アルバムも良いのだが花も良い。」 - Jasmine

ジャスミン。 いい響きですよね。 んなこたあねーよって? そうですかねえ? ジャスミン アーティスト: キース・ジャレット 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック 発売日: 2016/10/26 メディア: CD この商品を含むブログを見る ジャレットとヘイデン…

「ツバメとノウルシ、ウォーキングも心地よいけど、この発見も心地よい。」- Night Of The Swallow

連休中、運動不足だったので、 ウォーキングに行きました。 ココですよ。 www.kokochiyoi-blog.com 今年に入ってからは、 3回目ぐらいですかね。 早くもツバメが営巣していました。 ん?早くはないのかな? 5月ですもんね。 そーっと巣に近づいた つもりだ…

「寺島レコード? 聞いたことあるなあ、と。そしてお気に入りに。」- MEET ME in PARIS

先日、「MEET ME in PARIS」 というアルバムを 聴きました。 私にピッタリのアルバムで 大変気に入っています。 松尾明トリオという グループのアルバムです。 メンバーは、 松尾 明 ドラム 寺村容子 ピアノ 嶌田憲二 ベース お恥ずかしいことに すべて知ら…

「チムニースターターって知ってましたか?火起こし器のことなんですけど。」 - Green Chimneys

チムニースターターって、 知ってましたか? 私ゃあ、正直 知りませんでしたね。 火起こし器のこと だそうです。 WEBER(ウェーバー) ラピッドファイアー チムニースターター(火おこし器) 出版社/メーカー: バロネスダイレクト メディア: その他 この商品を含…

「ビートルズのオリジナルだと思っていたら、実はミュージカルの曲だった。」- A Taste of Honey

以前に「Patricia Barber」という 女性のジャズ・ヴォーカリストの お話をしたことがありました。 www.kokochiyoi-blog.com 今回も彼女の話です。 そこに行く前に、 ビートルズのお話をしますね。 いつものように、唐突ですよ。 彼らのデヴュー・アルバムは …

「ローリング・ストーンズ・プロジェクト、プログレッシブなジャズだった。」 - Paint It Black

前に、 「リルケ・プロジェクト」の話を したことがあります。 www.kokochiyoi-blog.com リルケの詩を、思い思いの音楽にのせて 朗読、あるいは歌い上げるといった プロジェクトでした。 スコーピオンズの 「Bis wohin reicht mein Leben」が いいぞよという…

「サイレント・ランニング、深く静かに潜航せよってことかい?」 - Silent Running

「サイレント・ランニング」 (Silent Running) という映画がありました。 1972年のアメリカ映画で、 日本では公開されなかったようです。 しかし、1979年に「日曜洋画劇場」で テレビ放映されたとありますから それを見たんでしょうか、 私は、内容を知っ…

「え、海がどれぐらい深いかって? 10kmぐらいじゃないのか?」 - How Deep Is The Ocean

海がどれぐらい深い? こういうタイトルの曲があります。 「How Deep Is The Ocean」 という曲ですね。 1932年に「アーヴィング・バーリン」 という人が作った曲だそうです。 ja.wikipedia.org 歌詞の内容は、 男性(女性でもいいのだが) に捨てられた女性…

「Benoitをベノワと読めなかったけど、へこまない。同じ綴りでベノイトっていう場合もあるようだぞい。」 - Gothic Jazz Dance

「デイヴィッド・ベノワ」という アメリカのピアニストがいますう。 ja.wikipedia.org アルファベットですと 「David Benoit」なんですが、 ベノワとは読めないですよね。 彼を知った最初の頃は、 「ベノーイ」と読んでいたような。 しかも、語尾は消え入り…

「ハーブって、ほんのりと香るのはリラックスできますよね。」 - Windflower

「ハーブ」って、いいですよね。 極端に匂いのキツイのは 勘弁なんですけれども、 ほんのりと香るのは リラックスできますよね。 ジャズ・ギタリストにも ハーブさんという方がおられますね。 「ハーブ・エリス」という アメリカの方ですね。 ja.wikipedia.o…

「低音の魅力5。忘れていたわけではないですよ。」 - Manha De Carnaval 2

私、勝手に「低音の魅力」と冠した シリーズものをやっております。 しばらくインターバルが開いておったのですが 2月に「4」をアップしたところです。 これですな。 www.kokochiyoi-blog.com 久しぶりに「5」であります。 「鈴木 勲」という方ですねえ、…

「いよいよ春本番か。そんなことはないのか。でも、チューリップが咲いている。」 - Tulipa turkestanica

チューリップと言えば、 長く伸びた茎の上に 大きな花がひとつ咲く そういうイメージですよね。 例えば、このような。 Amazon商品紹介 チューリップ 一重咲 20球入 変わり種であっても 花びらの形が変わるぐらいで、 茎の上にひとつ咲くのは 同じですよね…

「XXというアヤシイ名前のグループがあるんですよ。決してXXではないです。」 - Crystalised

「The XX」ってご存知でしょうかね。 え!破廉恥だぞって? いや、そんなアヤシイものでは ありませんよ。 音楽をやっているグループですよ。 ウィキペディアに記載があります。 ザ・エックス・エックス - Wikipedia 何気に聴く機会があって、 「いいんじゃ…

「あれから一年。思ったより元気で過ごせましたよ。そしてなぜかコナン。」 - START

私ね、昨年一旦退職しましてね、 仕事は、再スタートを切ったわけですね。 そうして、一年たったわけであります。 つまり、今日で再スタート2年目に なるわけです。 www.kokochiyoi-blog.com 昨年の今ごろは、 若い人たちの間で 煙たがられないか非常に 悶…

「セルフカヴァー・アルバムというもの、聴き方によっては面白いと思うのです。」 - 髪

自らのアルバムを リリースしながら、 他の歌手に楽曲を提供している ミュージシャンは 沢山おられますよね。 そして、そうした曲を ひとつにまとめて、 自らのアルバムとして リリースすることも 多いですよね。 セルフカヴァーと 言うんだそうですが、 広…

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン、私のおかしなヴァレンタイン、いやーそれ程でも。」 - My funny Valentine

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」 ゴリゴリのスタンダード・ナンバー ですよね。 えっ!違うんですか? 1937年のミュージカル 「ベイブス・イン・アームス」 (Babe’s In Arms)で使用された曲です。 使用されたというか このミュージカルのために書かれ…

「ロック・バンドのシング、シング、シング。なんだそりやー。でもイイのよ。」 - sing,sing,sing

「シング、シング、シング」という 曲をご存知でしょうか。 曲名は知らなくとも聞けばわかる、 そういう曲のひとつだと思います。 そーれ。聴いてみましょう。 シング・シング・シング - YouTube ほーら、知っていましたね。 たいていは、ビッグバンドの 演…

「松任谷由実の、タイムマシーン・ツアーに行ってきました。相変わらず凝ってましたね。」 - 輪部曲

久しぶりに、コンサートに行きました。 松任谷由実さんのです。 ドーム系の会場というのは 始めてでしたので、 会場入り前から、 少しばかり興奮してしまいました。 まだまだ青いなあ。 席の番号からは、あまりいい場所 ではないなあと思っていたのですが、 …

「ASIAがアジアでなくて詠時感だなんて、わかんねえよお。」- Only Time Will Tell

「ASIA」って、ご存知でしょか? 「アジア大陸」のアジアっすかって? まあ、そうね、そうなりますね。 そうなりますけど、違うんですね。 「エイジア」というバンドの名前でした。 ええ、そんな展開おかしいだろうって? いやいや、主導権は私にあるん…