この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

音楽

自分が心地よいと思った音楽を、独断と偏見で、記事にしています。

「映画、ボヘミアン・ラプソディを見て感じたこと」 - The show must go on

公開されて1ヶ月が経過してしまいました。 が、やっと、見に行くことができました。 映画「ボヘミアン・ラプソディ」のことです。 封切りされてから1ヶ月もすれば、私の地方では、パラパラの鑑賞者しかいないことが多いんですよね。 なので、入館した時は…

「ノラ・ジョーンズのバーン、こりゃあ、心地よい」 - Burn by Norah Jones

「ノラ・ジョーンズ」(Norah Jones)っていうヴォーカリスト、いるじゃないですか。 ご存知ですよね。 私にとっては、寒くなってくると聴きたくなるアーティストです。 過去にも、2回ほどご紹介しています。 1回目は、「I've got to see you again」とい…

「家のCDデッキ(就寝用)が逝きました。動くのが当たり前に思ってばかりではいけませんねえ。」 - CDP-P71

家のCDデッキ(就寝用)が逝きました。 我が家に初めて導入されたちゃんとしたCDデッキだったんですよね。 1990年発売のソニ-の「CDP-P71」というヤツです。2、3年前から電源を入れてから数分しないと動かなくなってはいたのですが、つい動かなくなりま…

「ホワイト・ナイツ という映画を見ると、バレエも見てみようかな、という気になるかもしれないよ。」 - White Nights

「ミハエル・バリシニコフ」(Mikhail Baryshnikov)という、バレエ・ダンサーをご存知でしょうか。 随分と昔の人になるのですが、一世を風靡したダンサーですよ。 知りまへんか? では、「ホワイト・ナイツ」(White Nights)という映画はどうでしょう? こ…

「アンコールっていうことは、それまでの演奏が良かったってことなんですよね。」 - O Morro Nao Tem Vez

スタン・ゲッツ(Stan Getz)のアルバムに「Jazz Samba」シリーズ?があります。 「スタン・ゲッツ」って誰ですのという人のために少しばかり彼のことを。 ほんの少しですよ。 「スタン・ゲッツ」(1927年2月2日生)は、アメリカの白人サックス奏者です。本…

「ボーナストラックの定位置って、あると思いませんか?」 - Morning

この前「ケニー・ドリュー・トリオ」の話をしたばかりなので、 「またあ?」 と言われそうなんですけど、思い出したことがあるんですよ。 www.kokochiyoi-blog.com 彼の1976年のアルバムに「モーニング」というのがあるんです。 トリオと言っても編成が少し…

「ジョン・ルイスのザット・スラビック・スマイルという曲が、イイ」 - That Slavic Smile

ジョン・ルイス(John Lewis)というピアニストがいます。 アメリカのピアニストで、ディジー・ガレスビーの楽団でデビューしたそうで、その後、あの「MJQ」、つまり「モダン・ジャズ・カルテット」を結成し、リーダーとして活動してきました。 知っている人…

「子守歌を集めたケニー・ドリューのアルバムがあるんですよ。」 - Lullaby Of Birdland

ケニードリュー(Kenny Drew)、アメリカ出身のピアニストですね。 彼のアルバムに「ザ・ララバイ」(The Lullaby、1982年)というモノがあります。 有名な子守歌ばかりを集めた企画モノという位置づけですが、ジャズピアノのアルバムとして、とても聴きやす…

「アール・クルーがウィンダムヒル・レコードから出した唯一のアルバム」 - Forever Girl

この前、ウィンダムヒル・レコードの話をしたので、それ繋がりの話をしたいと思います。 www.kokochiyoi-blog.com 「アール・クルー」(Earl Klugh)というジャズ・ギタリストがいるんですよ。 透明感のある音色が心地よいギタリストだと思います。 そんな彼…

「立冬ですねえ。冬の散歩道を歩きましょう。」 - A Hazy shade of Winter

「冬の散歩道」 サイモンとガーファンクルですよねー。 ロックだと思います。 ところで原題は、 「A Hazy shade of Winter」 ですよね。 散歩道はいったいどこから? そんな疑問を持たれたことはないですか? あの「パリの散歩道」は「Parisienne Walkways」…

「ブルーデージーは、ヒナギクじゃあないんだってねえ。」 - Manteca

「デージー」って言ったら「ヒナギク」 私の脳内の辞書にはそう載っていたんです。 なので、「ブルーデージー」って言ったら「青い花びらのヒナギク」という認識でした。別名「ルリヒナギク」とも言うということで、こりゃあ間違いないでしょと。 おそらく貰…

「キース・ジャレットのサムホエア・ビフォー、イイです。」 - My Back Pages

「サムホエア・ビフォー」(Somewhere Before)っていうアルバムがあります。 キース・ジャレットがトリオ名義で1969年に発表したライブ・アルバムです。 私が持っている音源は、1981年に再発されたものなんですが、正直これがライブ・アルバムだとか収録曲…

「毎日が嬉しい柿の収穫ときたもんだ。3桁だぜ。」 - 柿の実色した水曜日

収穫の秋、絶好調です。 といっても、「柿」だけなんですがね。 でもね、 ぅわっはっは! 嬉しくて、笑いが止まりません。 今日の収穫です。 105個ありました。 トータルで200個は超えましたよ。 主に南側に実っていたものです。 北側はというと、まだ少し早…

「スズメガってキモイけどカッコイイかもしれません。」 - Island of Dreams

朝起きて、玄関横にある立水栓に、ふと目をやると、なにやら面妖な物体を発見。 始めは菱の実かなんかが引っ付いているのかと思いましたが、よーく見ると蛾だとわかりました。 「ホシホウジャク」という蛾のようです。スズメガの一種でした。 前から撮ってみ…

「リチャード・ロジャースのブルームーン、クリフォード・ブラウンのが好きです。」 - Blue Moon

ブルームーン 青い月ってことすよね。 天文学的現象としてとらえるとこういうことのようです。 ブルームーン - Wikipedia 結構、小難しいですね。 お酒もありますね。ビールですけど。 モルソンクアーズ ブルームーン 355ml×6本 出版社/メーカー: molsoncoor…

「甘柿の収穫、最盛期です。」 - Persimmon Tree

我が家の柿が、収穫時期を迎えています。 ここ数日、毎朝20を下らない数をもいでいます。 こんなもんですね。これで30あります。 既に、100以上収穫しましたが、木にぶら下がっている数は減っていないように見えます。 今年は300を超えるかもしれません。 わ…

「オータムとフォール、何が違う? 何も違わない?」 - Longing

「Autumn」と「Fall」どちらも学校で習った覚えがありますね。 「Autumn」は「秋」という名詞だと習いました。 「Fall」は「落ちる」という動詞だと習いました。 転じて、葉っぱが落ちる季節、つまり、「秋」という意味もあると習ったような気がします。 聞…

「錆びた釘ってことですか?」 - Rusty Nail

「X JAPAN」 「JAPAN」がつくまえから良く聴いていました。 とはいっても、「紅」からですけどね。ファースト・アルバム「Vanishing Vision」の「kurenai」でなくて、セカンド・アルバム「BLUE BLOOD」収録のヤツ。 なので、それほど昔でもないんです。 そし…

「ニーナ・シモンの歌で人生を反省する」 - Ain't Got No/I Got Life

ニーナ・シモンの歌に 「Ain't Got No/I Got Life」 というものがあります。 聴いていただいた方が早いですよね。 こんな曲です。 Nina Simone/Ain't Got No... I Got Life(日本語字幕付き) - YouTube 日本語字幕付きです。 あまり英語が得意でない私でも…

「行楽シーズンと道路工事」 - Autumn leaves

天気が良いのでねえ、ドライブに出掛けてきました。 標高の高い林道辺りですと、紅葉が見頃だというので山へ行ったわけなんですよ。 真っ盛りというわけでもないですけど、秋を感じるには、十分かなと。 この後、もう少し上まであがりましたら、もっと色づい…

「ヴィジュアル系っていうと見た目だけかと思ってました、すいません。昔のことですよ。」 - Horizont

「ムック」って聴いたことあります? あ、日本のロック・バンドです。 ヴィジュアル系ロック・バンドってなってますね。 ヴィジュアル系って、見た目とかを言うんでしょ? なので、ライブとか行かない私にとっては、あまり重要なファクターではないですね。 …

「紺の前垂れ松葉を染めて・・・」 - エプロン

おみくじ付の煎餅を頂きました。 京都は伏見の「松屋」さんの「鈴味噌せんべい」です。すぐに、ばりぼりと、美味しく頂いてしまいました。 紹介したいのですが、全部食べてから、「写真を・・」と思いついた次第でして。 アマゾンにも無いようですし・・。 …

「どんぐりがいっぱい! と アーマッド・ジャマル」 - Acorn

秋ですねえ。 玄関先のブタも、心なしかおセンチになっているように見えます。 んなわけねえか。 最近、夜の静かな時間を読書しながら楽しむことが増えました。 何を読んでるのかって? 「ウィトゲンシュタイン研究」とか「教育における実存主義と現象学」と…

「日本の曲をジャズでというコンセプトのアルバムがあるんです - ジャパネスク。」 - いい日旅立ち

ジャズの中の日本の歌がイイんでないの、というような話を少し前にしましてね。 www.kokochiyoi-blog.com www.kokochiyoi-blog.com ついつい、いろいろと動画をあさっていましたら、 こんなのもありました(笑) www.youtube.com ストレートやがな。 さて、…

「冬の散歩道ではなくパリの散歩道 by ゲイリー・ムーア」 - Parisienne Walkways

「パリの散歩道」(Parisienne Walkways)と言えば、「羽生結弦」サンですねえ。もう5年ほども前の話になってしまいましたよね。 そして演奏しているのは「ゲーリー・ムーア」(Gary Moore)です。 羽生サンのおかげで随分と幅広い層に名前を覚えてもらえた…

「ブルーノートと油井正一とバド・パウエル」 - Un Poco Loco

「油井正一」という人がいます。 「ゆい しょういち」と読みます。 日本のジャズ評論の第一人者と評される活躍をした方だそうです。 詳しくは、こちらをどうぞ。 油井正一 - Wikipedia 「やぶからぼうに、いってえ、どうしたって言うんでい」 おっ、いいノリ…

「Esbjörn Svensson Trio、再び」 - The Chapel

以前、E.S.T.というグループの話をしましたが、その続きです。 www.kokochiyoi-blog.com 最近「E.S.T.」のアルバムを3枚入手しました。 「E.S.T.」というのは、北欧のピアニスト、エスビョルン・スベンソンを中心とするトリオ、「Esbjörn Svensson Trio」の…

「台風と塩害とコスモスと山口百恵。」 - Cosmos

関東の太平洋沿岸地域では、台風が運んできた海水の影響で塩害が発生しているようですね。 雨の降らない風台風によくある被害だとか。 キャベツなどや今が盛りのコスモスなどが、茶色く変色して、中には枯れてしまったモノもあるようです。 農家さんは大変で…

「茎ブロッコリーって、一年草じゃあなかったのですね。」 - Senor Blues

茎ブロッコリー(スティックブロッコリー)ってありますよね。 サカタのタネ 実咲野菜2505 スティックセニョール 茎ブロッコリー 00922505 出版社/メーカー: サカタのタネ メディア: Tools & Hardware クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 毎年、種を…

「月の砂漠と言えば?」 - Desert Moonlight

「月の砂漠」 誰もが知っている日本の童謡ですよね。 月の沙漠 - Wikipedia 「月の砂漠」と打ち込んで動画を検索すると、そりゃーもう、たくさんの人のヴァージョンが並びますね。 山崎ハコ、倍賞千恵子、芹洋子、森繁久彌、スザンヌ・ハード(誰でしょう)…