この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

音楽

自分が心地よいと思った音楽を、独断と偏見で、記事にしています。

「三月は深き紅の縁を」スピンオフーソング・フォー・シジフォス

先日、恩田陸さんの「三月は深き紅の縁を」を読んだという話をしました。 www.kokochiyoi-blog.com わたスの場合、小説を読んでいて、その中に出てくる本や音楽、はたまた植物が印象に残って、それを探し求めるなんてことがよくあるんですよね。彼女の小説の…

もうじきクリスマスですね。

こんばんは、ニナシモネです。 もうじきクリスマスですね。 イブの雰囲気を盛り上げねばと クリスマスソングのCDを 探していましたら、 こんなものが出てきました。 「GRP Christmas Collection」。 1988年リリースですね。 調べると「2」も「3」も …

バーディー、4枚目!

バーディーっいう ミュージシャンのことを 書いたことがあります。 www.kokochiyoi-blog.com このとき、もうそろそろ 新しいアルバム、 出てもいい頃じゃないかな~ と、いってたんですが、 それから2年近くたった 2021年の4月に 4枚目のアルバムが出…

ソフィ・ハンガー、聴いてみた。

以前、「バラには雨が必要なのと・・」 という内容の曲の話を したことがありました。 www.kokochiyoi-blog.com ニーナ・シモンの歌の話でしたが、 その中で、こんなアルバムが あるんですよ、という話も したんですよね。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.Moshi…

山口百恵

最近、山口百恵さんの アルバムをヘビーローテーション しております。 デビュー当時からのファンでも ありましたので音源は、 それなりにあります。 多くはカセットテープから おこしたものなので 音質的にはどうなの~ ってのばかりですけどね。 で、今ヘ…

瞳の色が印象的

フリートウッド・マック(Fleetwood Mac) というグループ、結構好きなんですが 先日彼らの「牙」(Tusk)という ダブル・アルバムを聴いていて、 「Brown Eyes」っていいよなあと 再評価(笑)をしていました。 www.youtube.com 「Brown Eyes」だから 茶色…

筒井康隆-ジャズ小説

筒井康隆の本に 「ジャズ小説」ってのがあります。 1996年刊行の本ですが、 もともとは、○趣会の 毎月一枚のCDを1年間 送ってくるという企画で、 1994年に出された 「IMMORTAL JAZZ COLLECTION Monochrome」というシリーズの CDブックに掲載さ…

平野啓一郎の「ある男」その2

平野啓一郎の「ある男」 に出てくる音楽に焦点を当てた 後編ですよぉ~。 小説も後半になると 出てくる曲の頻度が 下がってきますね。 マイルス・デイビス、ビル・エバンス UFO 富樫雅彦/菊地雅章 ミシェル・ンデゲオチェロ まとめ マイルス・デイビス、…

平野啓一郎の「ある男」その1

ある男、読みました。 ある男 (コルク) 作者:平野啓一郎 コルク Amazon なかなか深~い話のように 感じられましたが、 溺れるといけないので 水底には降りずに ぷかぷか漂いながら 読ませていただきました。 それでも、いろいろと 考えさせられました。 で、…

バラには雨が必要なのと同じように・・・

こんばんは。 久しぶりに、音楽のハナシです。 ニーナ・シモンでごさいます。 「ジャスト・セイ・アイ・ラブ・ヒム」 という曲の紹介です。 では、聴いてみましょう。 www.youtube.com う~ん、いいですね。 私が聴いたのは 「Forbidden Fruit」という アル…

今ハマっている昔の曲です。

「さよならを教えて」 今ハマっている昔の曲です。 ヘヴィロテしています。 昔聴いていて、いいなと思っていたものが 今聴いてみると、あれっ? となることが往々にしてあります。 こんなこともありました。 www.kokochiyoi-blog.com でも、そうでない場合も…

私の記憶に残るジャケット 米津玄師 「STRAY SHEEP」

番外編ですね。 LPは出てませんから アレですけど、 出ていたら間違いなく 壁に飾りますね。 STRAY SHEEP (通常盤) (特典なし) アーティスト:米津玄師 発売日: 2020/08/05 メディア: CD こういうの好きなんです。 でわ、また。

渋さ知らズ、久しぶりに聞く

3年以上前ですかねえ、 渋さ知らズというグループの ドラゴという曲をご紹介しました。 www.kokochiyoi-blog.com このアルバムが好きでねえ。 好きな割には最近聞いてなくて。 www.barks.jp 10年以上前の記事が ネットでは見れるんですな。 良い時代だ。 …

神々の詩

「神々の詩」(かみがみのうた)は、 姫神というグループの作曲した曲です。 この曲、実は今から20年ほど前に 毎週日曜の夜8時から TBS系列で放送されていた 紀行番組のテーマ曲なんですね。 毎週のように見ていたわけではありませんが 妙に記憶に残って…

冬の散歩道とフェリーニ。

今日は、我が地方では珍しく 朝からお日さまが出ていました。 ここしばらく雨の日が続いていて、 うんざりしていたところです。 まあ、毎年のことなんですけどね。 朝から随分と 歩いてしまいました。 近くの公園のせせらぎの 眩しいことといったら ありませ…

久しぶりのラース・ダニエルソン。

ラース・ダニエルソンという ベーシストについては、 以前に紹介したことがあります。 私の好きなベーシストの一人ですね。 最初は「Suffering」という曲でした。 www.kokochiyoi-blog.com この時は、ライブの動画を 紹介してますが、 今回はアルバムの動画…

「ベサメ・ムーチョ」は「キス・ミー・ア・ロット」

こんばんわ。 今回はベサメ・ムーチョの話です。 この曲名はみなさん、 聞いたことがあると思います。 ベサメ・ムーチョ、 綴りは、「Bésame mucho」で、 スペイン語です。 「ベサメ」は、口づけ、キス、の意味。 「ムーチョ」は多数、たくさん、 といった意…

我が家の庭の「秋」、小さな紅葉。

あれだけ暑い暑いと言っていたのに ずいぶんと涼しくなりましたね。 もう虫の声も聞こえません。 皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、あちこちの山々で 紅葉が見られるようになってきましたが 我が家の庭でも、木々が 色付いてきましたので ご紹介しま…

ノワールをまとう女と酒とバラの日々

ノワールをまとう女 2019年江戸川乱歩賞の 受賞作ですね。 受賞時の作品名は 「NOIRを纏う彼女」v だったそうですが、 今の方がいいと思います。 ノワールをまとう女 作者:神護 かずみ 発売日: 2019/09/19 メディア: 単行本 読みました。 いや、赤文字にする…

山田正紀「デス・レター」とジャズ

最近、山田正紀というSF作家の 「デス・レター」という本を読みました。 デス・レター (創元日本SF叢書) 作者:山田 正紀 発売日: 2020/08/31 メディア: 単行本 山田さんと言えば 私の場合、デビュー作の「神狩り」が 印象に残っている作家ですね。 このデ…

ドラマ「竜の道」、原作があったんだ、しかも未完。

火曜9時のドラマ「竜の道」、 9月15日に最終話が放映されましたね。 あまりドラマは見ないのですが これはつい見ちゃいました。 で、実はこれに原作があったということを ドラマが終わった後に知りまして、 読んでみました。 竜の道〈上〉 (幻冬舎文庫) 作…

私の記憶に残るジャケット 42 スティーブ・ミラー・バンド Book Of Dreams

記憶に残るLPジャケット。 第42弾は スティーブ・ミラー・バンド (Steve Miller Band) の 「Book Of Dreams」 です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scri…

お盆を過ぎて、夏を楽しむ。

お盆を過ぎて、夏を楽しむ、と タイトルにしてみましたが、 場合によってはヒンシュクかもです。 なんやかんや言っても 「ステイホーム」の雰囲気で いっぱいですからね。 ただ、おウチにいても 暑いだけなので、 ホンとに久しぶりに お車でお外にドライブに…

くすんだ青色という色が、いいらしい。Dusty Blue

ダスティブルーという色が あるらしいですね。 くすんだ青と言うことらしいです。 こんな色のようです。 【Amazon.co.jp 限定】サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 0.5L ダスティブルー 500ml JOF-500 DTB 発売日: 2019/04/19 メディア: ホーム&キッチン シ…

朝のガスパール、夜のガスパール。

筒井康隆という作家をご存じでしょうか? 映画「時をかける少女」の 原作者というのが 一番通りがいいのでしょうかね。 本として世に出たのが1967年、 大林宣彦監督による映画化が1983年です。 この間、1972年にはNHKで 「タイムトラベラー」というタイトル…

クロウタドリに、さようなら。

クロウタドリなんて、 あまり耳にしない名前ですよね。 ウィキペディアによると、 体長約28cm。大型ツグミの一種。雄は黒いからだに黄色いくちばし。目の周りが黄色い。雌のからだは雄に比べて淡く、嘴やめの周囲の黄色い部分が目立たない。 ということです…

私の記憶に残るジャケット 冨田勲 コスモス

記憶に残るLPジャケット。 第41弾は 冨田勲 の 「COSMOS」 です。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).…

低音の魅力 7 パレ・ダニエルソン

私、勝手に「低音の魅力」と冠した シリーズをやっております。 最新の「6」はこれです。 www.kokochiyoi-blog.com どうしてもベーシストの 話になることが多くなります。 番外などで「尾崎亜美」 www.kokochiyoi-blog.com などを取り上げたこともあります…

私の記憶に残るジャケット ハービー・ハンコック・トリオ With Ron Carter & Tony Williams

記憶に残るLPジャケット。 第40弾は ハービー・ハンコック・トリオ の 「With Ron Carter & Tony Williams」 です。 ハービー・ハンコック・トリオ'81 アーティスト:ハービー・ハンコック ソニーミュージックエンタテインメント Amazon わたス、FMで紹…

ケティル・ビヨルンスタ、再び。北欧の透明なピアノと重厚なベースが心地よい。

ケティル・ビヨルンスタ(Ketil Bjørnstad)は、 ノルウェー出身のピアニストです。 ほかにも肩書はいろいろあって、 コンポーザー、作家でもありますね。 残念ながら本の方は邦訳は 出版されていないようです。 と、こんな始まりですと 始めて書いて切るよ…