この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「やっぱり、ウィンター・コスモスだったようです」 - Bidens laevis

冬を前に庭が寂しくなるよ、というような話をしました。 www.kokochiyoi-blog.com 植えた覚えの無い花が咲こうとしているよ、何の花か分からないので様子を見ようよ、ということでした。 ほどなく咲きました。 咲き始めの写真です。 これがだんだんと、花数…

「どんぐりがいっぱい! と アーマッド・ジャマル」 - Acorn

秋ですねえ。 玄関先のブタも、心なしかおセンチになっているように見えます。 んなわけねえか。 最近、夜の静かな時間を読書しながら楽しむことが増えました。 何を読んでるのかって? 「ウィトゲンシュタイン研究」とか「教育における実存主義と現象学」と…

「日本の曲をジャズでというコンセプトのアルバムがあるんです - ジャパネスク。」 - いい日旅立ち

ジャズの中の日本の歌がイイんでないの、というような話を少し前にしましてね。 www.kokochiyoi-blog.com www.kokochiyoi-blog.com ついつい、いろいろと動画をあさっていましたら、 こんなのもありました(笑) www.youtube.com ストレートやがな。 さて、…

「バリ猫?と巨匠の関係」 - 156シリーズ BL.1904

インドネシアのお土産です。 バリ猫というんですよね。 違いましたっけ? ずいぶんと昔から家に居るのですが、これを見るといつも思うことがあります。 横から見るとこう。 そして、後ろから見ると、こうですね。 まあ、体の前後左右背中に、花をあしらった…

「桑田次郎の8番目の男、8マン」 - Eight Man

桑田次郎(二郎)というマンガ家、私、好きなんです。 あ、晩年の彼は興味ないですケド。 リアルに週刊誌で読んだ彼の作品は、「超犬リープ」、「エリート」、「デスハンター」あたりですかねえ。 懐かしい。 代表作は、やはり、「8マン」だと私は思います…

「冬の散歩道ではなくパリの散歩道 by ゲイリー・ムーア」 - Parisienne Walkways

「パリの散歩道」(Parisienne Walkways)と言えば、「羽生結弦」サンですねえ。もう5年ほども前の話になってしまいましたよね。 そして演奏しているのは「ゲーリー・ムーア」(Gary Moore)です。 羽生サンのおかげで随分と幅広い層に名前を覚えてもらえた…

「秋の庭にカーマインミルカ」 - 孔雀草

秋本番ですねー。 我が家の場合、寒い時期の花ってあまりないので、もうすぐ庭も寂しくなるんですよ。 メランコリーですねー。 ただただ、柿が食べ頃になるのを待っている状況ですねえ。カラスにやられる前に収穫せねばと頑張っています。(笑) さて、いま…