この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

2020-10-01から1ヶ月間の記事一覧

防火管理者講習会

防火管理者講習会ってのに 行ってきました。 甲種と乙種ってのがあるんですが、 前者は2日にわたって、 後者は1日で終わります。、 わたスは前者でした。 この歳で丸2日の 座学講習ってのは 大変なんですよね。 なんてんたって、 持久力も忍耐力も ないわ…

トゲのなが~い、コワいやつ

*1 多肉植物、というよりも サボテンだけ( ・・ ) ですけれども 2鉢、我が家にあります。 ブラジリカクタスの「雪晃」 ⇩ と、 パキケレウスの「武倫柱」⇩です。 雪晃はともかく武倫柱が、 原産地では12mにもなる 大型サボテンだと知って、 少々ビビッ…

我が家の庭の「秋」、小さな紅葉。

あれだけ暑い暑いと言っていたのに ずいぶんと涼しくなりましたね。 もう虫の声も聞こえません。 皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、あちこちの山々で 紅葉が見られるようになってきましたが 我が家の庭でも、木々が 色付いてきましたので ご紹介しま…

いつの間にか冠雪してます

おお、ついに 雪が降っちゃいましたね。 平地も寒いわけですね。 ぼーっとしていても 季節は巡っちゃうんですね。 でわ、また。

柿が豊作なんですよ。

柿が豊作なんですよ。 昨年は凶作とは言わないまでも 少なめだったのは確かです。 隔年結果という、 あまり面白くない状況に なりつつあるんでしょうか。 枝が広がりすぎたようなので、 今年の収穫のあとは、 少しコンパクトに 剪定をするつもりです。 なの…

ノワールをまとう女と酒とバラの日々

ノワールをまとう女 2019年江戸川乱歩賞の 受賞作ですね。 受賞時の作品名は 「NOIRを纏う彼女」v だったそうですが、 今の方がいいと思います。 ノワールをまとう女 作者:神護 かずみ 発売日: 2019/09/19 メディア: 単行本 読みました。 いや、赤文字にする…

秋葉原でなく、秋バラ。ただの語呂合わせです。

秋バラ、咲いております。 秋葉原裏の歩き方 作者:にゃるら 発売日: 2019/07/26 メディア: Kindle版 単なる語呂だけです(笑)。 ところで、「秋バラ」って どういうものなんでしょうか? バラには、 ・春だけ咲く一季咲き ・春、夏、秋の3シーズン 花を咲…

晴天の虹

朝のウォーキング中です。 向こうに虹か見えました。 雨雲らしいモノが 薄く広がってますから 降ってるんでしょうね、 あの辺りは。 コントラストを強めにして 虹を強調してみました。 切り取ってしまうと そうでもないですが、 実際には空の大部分が 青空で…

ウインターコスモスって、ここまで大きく育つとは思ってもいませんでした!

ウインターコスモス。 キク科センダングサ属。 我が家の庭にあるのは、 イエローキューピット というやつなんですが、 そいつがスゴいことになってまして。 買ってきたのは今年の早春、 2月頃のことでした。 3号か4号のビニールポットに 入っていた小さい…

ハオルチア・白夜ムチカ

百夜ムチカなるハオルチアを 入手しました。 こんなヤツですね。 我が家にいるムチカとされるハオ。 あんまり似てないねえ。 窓の部分が白っぽいのは はっきりと分かりますね。 横から見てみましょう。 ⬆白夜とムチカ⬇ やっぱり似てませんねぇ。 ムチカの方…

この時期に、山アジサイの話。

先日、「ザリガニの鳴くところ」という 本の話をしたところです。 www.kokochiyoi-blog.com だからというわけでもないんですが、 とある園芸店にも 「ザリガニの鳴くところ」 と言っておかしくないところが あるんですね。 まだお読みでない方のために 補足…

ダンギクとは、なんぞや。

段菊(ダンギク)という 植物を買ってきました。 これです。 菊という名前ですが、 おおよそ菊の花とは 縁遠いカタチをしています。 実は、そのとおり 菊の仲間ではありません。 シソ科ともクマツヅラ科とも 紹介されていますが、 ここでは、 「みんなの趣味…

今頃になってのスイカの収穫。さあ、どうだ?の巻だぞ。

今年の夏のお盆の頃に、 家の黒スイカのの収穫の話を させていただきました。 www.kokochiyoi-blog.com 熟度は微妙でしたが、 お味は家族にも 喜んでもらえたので 満足でしたね。 あの、スイカ君が 実はもう一つ実をつけていたんですね。 発見したのは8月の…

秋だからね、山にはキノコも生えているのだ。

我が地域では、毎日のように 野生の熊の目撃情報が ニュースになっています。 鉢合わせして怪我をなさった方も おられますからね。 山での遭遇ならいざしらず、 裏庭の畑とかでの話なので いささか物騒です。 ぬいぐるみ 特大 くま/テディベア 可愛い熊 動物…

ザリガニの鳴くところ

ノースカロライナ州の湿地帯。 その湿地の奥で生きてきた 少女の物語。 ブログタイトルは、 その小説のものです。 面白かったという 同僚の言葉で手にした本ですが、 昨年アメリカで一番売れた本 だったのでした。 ザリガニの鳴くところ 作者:ディーリア・オ…

ローゼルをどうしょうか。

我が家の庭に、 ローゼルの実が なっております。 今、花開こうとしている 蕾もありますね。 それらを数えても 5つ6つです。 これをどうしようか 悩んでおります。 ティーにするにはやはり 少ない・・・と思います。 となれぱ、 このまま放置して 種を採る…

食用ホオズキ、食べれたかどうか?っていう話です。

食用ホオズキの話です。 何年か前に庭に植えて 大量に収穫できた経験から 柳の下のドジョウではないですが 今年、久しぶりに 植えてみたのですね。 www.kokochiyoi-blog.com でも芳しい結果は 得られなかったのです。 その辺の話も「夏野菜」の収穫とあわせ…

山田正紀「デス・レター」とジャズ

最近、山田正紀というSF作家の 「デス・レター」という本を読みました。 デス・レター (創元日本SF叢書) 作者:山田 正紀 発売日: 2020/08/31 メディア: 単行本 山田さんと言えば 私の場合、デビュー作の「神狩り」が 印象に残っている作家ですね。 このデ…

風蘭、やっと見つけましたよ。

風蘭という植物をご存じでしょうか? ウィキペディアによると、 次のように書いてあります。 フウラン(風蘭、富貴蘭、学名:Vanda falcata(旧属名:Neofinetia falcata))は、日本原産のラン科植物のひとつで、着生植物である。 花が美しく、香りもよく、…

ブラックベリー、来年に備えて。

今年のブラックベリーは、 標準的な収穫だったと思います。 最終的にジャム瓶14個を 作ることができました。 もちろん、生食もしていますから、 それ以上の収穫があったと いうことですね。 今年のジャム瓶には 嫁さんが見つけてきた このラベルを貼りました…

サボテン(雪晃)の種を蒔いてみました。

雪晃というサボテンに この春、花が咲きました。 www.kokochiyoi-blog.com 花が咲けば実もなろう、 種もできようというものです。 www.kokochiyoi-blog.com で、蒔いてみたわけですよ。 面倒くさいなと思いながらもです。 好奇心が勝ったということですね。 …

朝晩めっきり過ごしやすくなったので。

朝晩めっきり過ごしやすくなったので、 仕事に出掛ける前に、 堤防沿いを歩いてみました。 今朝は、とても気持ちがよくて 6kmオーバーでありました。 7000歩ほどですので そう大したものでもないのです。 しかし、夏の間サボっていたツケにより、 夜中に足…