この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「名物にうまいものなし、というが、そうなのか」 - 起き上がり最中

先日、頂き物をしまして・・・。

 

いつも、なんか違和感があるんですね、この日本語。

間違ってはいないんですよね。

頂き物という名詞のなせる技ですね、きっと。

 

改めて、

先日、頂き物をしまして、賞味期限が来る前に美味しく食しないと、申し訳ありませんからね、即、開封しました。

これですよ。

f:id:ninasimone:20180828204448j:image

 

「起き上がり最中」というものです。

岐阜の銘菓だそうです。

 

だるまの形をしてますから、「おきあがりこぼし」のように、起き上がるのかと思いましけど、さすがに起き上がりませんでしたね。

 

では、何故に「起き上り最中」なのでしょう。

ちょちょいと、ググると、由来について書いてあるサイトがありました。


簡単にいうと、岐阜城を攻めあぐんでいた織田信長が、8度目にして、ようやく岐阜城を落とさんとしたとき、「我まさに起き上がり最中(さいちゅう)なり」という言葉を残したため、最中(さいちゅう)と最中(もなか)をかけて「起き上り最中」という名前がついたそうです。

稲葉山城の話ですね。斎藤道三がらみでしたっけ。

 

ほう、そうなんだ。

 

ということは、これを食すると失敗を恐れぬ人間になれるのかな。

きっと、なれるに違いない。

 

んなわけないか。

 

小倉餡、抹茶餡、栗餡に小倉こし餡を合わせたもの、の三種類が入っていました。

まずは、しばし、その造形を堪能します。

 

形の良い達磨ですね。

 

そして、おもむろに、口のなかに。

甘過ぎず、心地よし。

普通においしいと思います。

 

名産品の宿命として、期待が大きすぎると、見出しのようなことになるわけです。

さらにいうならば、それをどこで買ったかが、重要なんだと思います。味は二の次なんです。お土産の宿命だと思います。

 

以上を踏まえて、どうすか、おひとつ。

銘菓 起き上り最中 大粒栗入り小倉餡 10個入り

銘菓 起き上り最中 大粒栗入り小倉餡 10個入り

 

 

ところで私、珈琲が好きなんですが、これには、やっぱり、お茶だと思いましたね。

そして、お茶は、棒茶に限ります。

丸八製茶場 献上加賀棒茶 60g

丸八製茶場 献上加賀棒茶 60g

 

琥珀色の芳醇なる味わいを併せてお楽しみください。

 

「名物にうまいものなし」というけれど、それは勝手に膨らました、イメージのせいじゃないの、という話でした。

意味どおり、評判倒れのものもありますけどね。名実ともにというのは、難しい。

 

でわ、また。