この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「8時だョ!全員集合、からの心地よい曲。」 - Taboo

「8時だョ!全員集合」というテレビ番組をご存じでしょうか。

 

ザ・ドリフターズのコントをメインにしたお笑い番組で1970年から1980年半ばまで放送されていました。私は大好きで、中でも、加藤茶の「ちょっとだけよ」などのコントは、妙にドキドキしながら見ていた記憶があります。

 

だから何だって?

 

まあ、あわてなさんな。

 

で、あのシーンで流れた「タブー」という曲が、なかなか印象的でしてね、大人になってから、この曲についてちょいと調べたりしてみました。

 

まずは、これ。


Perez Prado - Tabu

 

ペレス・プラード楽団の演奏です。見たことのない人は、ちょっとわからないかもしれませんけど、まさにこんな感じではなかったですか(笑)。

テレビでは、この曲そのものを使用していたのではないようですね。

 

その辺のことも含めて、この曲「タブー」については、今ではウィキペディアでサクッと情報を得ることができますね。

タブー (ラテン音楽) - Wikipedia

 

いまさらですけど、ウィキペディアって、スゴイですねえ。

 

で、ウィキにもある「LECUONA CUBAN BOYS」と「TABOO」で検索すると、こんな動画が出てきますね。


LECUONA CUBAN BOYS - TABOU

 

これが、ウィキのいう最初期のモノかはわかりませんが、先ほどのペレス・プラード楽団のモノとは、ずいぶん印象が違いますよね。

 

最初に聴いた曲のイメージが、結構、固定化されちゃって、本当の曲の良さをスポイルすることもあるんだなあ、と思います。

 

それでですね、多くのミュージシャンによって演奏されているということなんですが、古いところだと、「ディジー・ガレスピー」(Dizzy Gillespie)が、「New Wave」(1963年)というアルバムの中に収録していますね。

新しいところだと、「ボブ・キンドレッド・クァルテット」(Bob Kindred Quartet)の「Nights Of Boleros And Blues」(2007年)にあります。

 

っていうか、この二つしか知らないんですけど。

 

どちらもお勧めなんですが、ジャケットから言えば、断然「Nights Of Boleros And Blues」ですね。レーベルはヴィーナスです、はい。 

ボレロとブルースの夜

ボレロとブルースの夜

 

ジャケットの大きさから言えば、LPだよなあ。(笑)

 

「8時だョ!全員集合、わくわくドキドキしながら見ていた番組で使われていた曲は、実は古くて、心地よい曲だったぞという話でした。

 

でわ、また。