この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「高速船と巨大海洋生物とCD」 - Follow the Whales

最近のことですが、高速船が

巨大海洋生物と接触して、

怪我人が大勢出た事故が

ありましたね。

f:id:ninasimone:20190317122858j:plain


巨大海洋生物というのは、

ミンククジラではなかろうか

という話も聞きますが、

実際のところは、

どうなんでしょうかねえ。

 

我が家から海は

そう遠くはないのですが、

その時は、そんな感じで

遠い違う世界の話のように

聞いていたのですよ。

が、先日、海岸辺りに住んでいる

友人が、興奮しながら

こんな写真を見せてくれました。

f:id:ninasimone:20190315121827j:image

わかりますでしょうか。

海に浮かぶ黒いものが。

 

こんなのもあります。

f:id:ninasimone:20190315121903j:image

明らかに潮を吹いていますよね。

写っている波の状況から、

海岸部に近いこともわかりますね。

 

遠目ではありますが、

まさしく「巨大海洋生物」です。

 

彼に言わせると、

200mぐらい沖合いで、

水深は、あっても20mぐらいの

ところではとのこと。

随分と浅いところに

いたことになります。

 

友人は、毎朝、犬の散歩で

砂浜を歩くのですが、

その時に偶然見たのだとか。


彼が言うには、

コククジラではないか

とかも言っていました。

 

漁師さんの情報なんですかね。

 

残念なのは、写真の

ピクセル数が粗いこと。

もっと画素数が多ければ

もう少し拡大できたのになあ。

 

新しいスマホ買っとけよ ( `д´)

 

近くの海の沿岸部で

クジラの話を聞いたのは

初めてですねー。

 

そうそう、クジラといえば、

こんなアルバムがあるんです。

Keporkak

Keporkak

 

 

Keporkak

Keporkak

 

 

アルバム・タイトルの

「Keporkak」は、チェコ語で

「ザトウクジラ」のことです。

 

ジャケットもクジラが

あしらわれており、

1曲目のタイトルが

「Follow the Whales」という

まったくの「クジラ」のアルバムですね。

 

クジラの声を連想させる

アルコ奏法による

ベースの音から始まります。

 

始めはシンセか何かだと思ってたんですけどね。

何かにそう書いてあったんですよ。

 

あんな音がベースで出せるんですねえ。 

なかなか印象的。

 

Vit Svec(ヴィート・シュベッツ)は、

チェコのベーシストとのことですが、

残念ながら、私はこのアルバムしか知りません。

 

機会があれば、聴いてみてくださいね。

 

でわ、また。