この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「水仙の季節が終わろうとしています。つまり、春ということでしょ。」 - pseudonarcissus

水仙の花がほぼ終わりました。

f:id:ninasimone:20190319071431j:image
こうだったのが、

こんな姿に。

f:id:ninasimone:20190319181422j:image

あるいは、こう。

f:id:ninasimone:20190319181508j:image

淋しいことです。

 

しかーし、代わりに

黄色い蕾が膨らんできました。

f:id:ninasimone:20190318174638j:image

 

さて、何でしょうか?

 

何でしょうかと聞くまでも

なかったですねえ。

そうです。

「ラッパスイセン」ですね。

「ラッパズイセン」と濁るのが

本当なんですかね。

濁らないと言いにくいのは

確かです。

学名が「pseudonarcissus」

「pseudo」ってのは、

「偽の」とか「まがいの」とか

いう意味らしいです。

発音も「p」は読まなくて「すぅーどぉぅ」

みたいな感じですか。めんどくせ。

 

f:id:ninasimone:20190318175722j:image


f:id:ninasimone:20190318175738j:image

こうしてみると、

この辺りはもう少しですかね。

楽しみです。

 

花期は、2月から5月と

なっていますが、

我が家の辺りだと、

3月終わりから

4月半ばぐらいでしょうか。

 

中央のラッパの部分、

副花冠というらしいですが

こいつの出っ張り具合で、

呼び方も違うようです。

 

ところで、球根てね、

植えた覚えの無い場所から

芽を出すことあるんですね。

 

「なんで、こんなとこから?」

なんてことありませんか。

 

ま、忘れているだけで、

実際は自分で植えてるんでしょうけど。

もしくは、土を入れ換えるか

何かしたときに、気がつかずに

一緒に持っていっちゃったとか。

 

ウチのラッパスイセンも

そんな感じで、

あちこちに生えてます。

例えば、庭ではない場所、

南側の道路ぞいなんですが、

咲いちゃってました。

擁壁の反射であったかいんでしょう。


f:id:ninasimone:20190319181959j:image

 

ラベンダーを植え付けたときに、

球根も持ってっちゃったのかなあ。

 

ここ空いてるなと思って

掘り返すと球根が

植わってたりするのですね。

それが何かは

咲くまでわからないのです。

 

その場しのぎでは、

いかんと思いますねえ。

 

水仙 (青空文庫POD(大活字版))

水仙 (青空文庫POD(大活字版))

 

 

Jマイケル 信号ラッパ ATR-150A

Jマイケル 信号ラッパ ATR-150A

 

 

でわ、また。