この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「秋はほととぎす。といっても鳥じゃあないよ。」 - Hototogisu

花の方の「ほととぎす」。

「杜鵑草」と書くのだそうです。

「鵑」一字で「ほととぎす」と読むようで、音読みは「ケン」ということです。

 

我が家の「ほととぎす」は、そろそろ最盛期のようです。

今、こういう感じですね。

f:id:ninasimone:20181007105729j:image


f:id:ninasimone:20181007105748j:image

 

種類はいろいろあるようですが、よく見るのは、このタイプですよね。

黄色いのとか白いのなども、植えたいなあと思いながら、実現できていません。

 

名前といい、楚々とした雰囲気といい、秋の風情を纏った日本らしい花だと思いますね。

 

明るい日陰がいいというので、鉢植えにしてちょこちょこ動かしています。

 

庭植えにもしたいなと思って、鉢の植え替えの時に株分けをして、一つを地植えにしたのですが、うまく育ってくれませんね。

なかなか株が太らないのです。

特に今年は、夏の暑さにやられたようで、花も咲きませんでしたね。

植えた場所が悪いんでしょうねえ。

実は風当りが強いところにあるんですよ。

 

【山野草】キバナホトトギス 3号(9cm) ポット

【山野草】キバナホトトギス 3号(9cm) ポット

 

 

【山野草】白花ホトトギス 3号(9cm) ポット

【山野草】白花ホトトギス 3号(9cm) ポット

 

 

ところで、「ほととぎす」と言えば、正岡子規ですよねー。「子規」も「ほととぎす」のことですもんね。

さらに言えば、先程の「杜鵑」を筆頭に、「杜宇」、「蜀魂」、「不如帰」、「田鵑」「時鳥」など、ずいぶんありますよね。

 ・・・時鳥といえば

夏井いつきの「時鳥」の歳時記 

夏井いつきの「時鳥」の歳時記 

 

 

別に俳句やってるわけではないんですがね。

ま、俳句の載った写真集ということでね。

ちょっと心地よかったりして。

 

でわ、また。