この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「美女は後悔しないなんて言うのは本当なのか?」 - La Belle Dame Sans Regrets

「クリス・ボッティ」

(Chris Botti)

という人をご存知ですか?

 

アメリカのトランペッターです。

 

アルバム・デヴューは、

1995年の「First Wish」でした。

 

本人は不本意でしょうけど、

イケメン・トランペッターとして、

認知されてますよね。

 

彼のアルバムは、

何枚か聴いたことがあるんですが、

そのうちの一枚に、

「When I Fall in Love」(2004年)

というモノがあります。

 

これ、気に入っています。

 

スムース・ジャズというより、

もはやイージー・リスニング

といってもいいかもしれません。

 

ジャズのスタンダードのほか

ポップスなどを、あまーく

プレイしているのですが、

オシは、このアルバムの8曲目ですね。

 

「La Belle Dame Sans Regrets」

邦題を「悔いなき美女」

といいます。

 

「La Belle Dame」で美しい女性。

「Sans」が無い。

「Regret」が後悔。

ということですか。

 

これが、いいんですねえ。

 

もとは、「スティング」の歌なんです。

彼の6枚目のアルバム

「Mercury Falling」(1996年)

に収録されています。

 

何故だかはわかりませんが、

イギリス人の彼が

フランス語で歌っています。

お世辞にも上手とは

言えないらしいのですが・・。

 

まずは、原曲です。どぞ。

La Belle Dame Sans Regrets by Sting - YouTube

 

ポリス時代のような

尖った要素はないですねえ。

既にジャズ・バラード。 

 

そしてこの曲が、

クリス・ボッティのトランペットで

このように変わります。

Sting & Chris Botti La Belle Dame Sans Regrets - YouTube

 

もっとも、スティングの

ヴォーカルも、入ってますから、

ただの別ヴァージョン

と聞こえなくもないんですがね。

 

「ヒコヒコヒコ」っていう音がないくらい(笑)

 

余談ですが、ボッティのこのアルバムには、

「No Ordinary Love」という曲も

収録されていますね。

「シャーデー」の1992年のアルバム

「Love Deluxe」に

収録されていたものですが、

これも、いいんですよ。

Sade - No Ordinary Love (Official Music Video) - YouTube

 

オリジナルの雰囲気を残しつつの

アレンジですね。

Chris Botti ~ No Ordinary Love album version - YouTube

 

 

Mercury Falling

Mercury Falling

 

 

LOVE DELUXE

LOVE DELUXE

 

 

When I Fall in Love

When I Fall in Love

 

 

でわ、また。