この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「てんとう虫が何種類もいるぞと、興奮してたら、実は同じ種類だったという話。」 - Lady Bird

ジャガイモの

様子を見に行くと

てんとう虫が、

たくさんいましてね。

 

おもわず写真に

撮ってしまいました。

 

全部違う種類だと

思っていましたら、

どれもナミテントウと

いう種類なんだそうです。

 

星が2つのもの。

黒地黄二紋と分類するらしい。

f:id:ninasimone:20190615210706j:image

 

2つの星の中に黒点があるもの。

黒地変形黄二紋。

ピンボケでスイマセン。f:id:ninasimone:20190615210715j:image

 

星がたくさんあるもの。

黄地黒斑紋。
f:id:ninasimone:20190615210807j:image

 

この他に、

星4つの個体も

いるようですね。

不思議ですねえ。

 

フタホシテントウとか

いうのかと思ったんですがね。

そうじゃなかった。

 

実際には、

フタホシテントウ

ってのもいるんですが、

もっと小さくて

星の位置も

お尻寄りなんだそうです。

ややこしいねえ。

 

ナナホシテントウですね。

左の鞘翅が傷んでいるようです。

f:id:ninasimone:20190615210723j:image

 

サナギもありました。f:id:ninasimone:20190615210833j:image

 

幼虫ですね。

f:id:ninasimone:20190615210853j:image

 

アブラムシでも

たくさんついてたんですかね。

ずいぶんとジャガイモ、

好かれたものです。

 

ところで、テントウムシって

英語では何というかご存知ですか。

 

「Lady Bird」あるいは「Lady Bug」

といいます。

一説によると「Lady」というのは、

聖母マリアのことだということですね。

そうしたこともあってか

欧米では、テントウムシは

神の使いもしくは幸運の象徴として

大事にされているようです。

 

日本でも「天道虫」と書いて

縁起の良い虫とされていますよね。

最もこれは、キリスト教の

布教によるものとする説も

ありますから、由来としては

欧米と同じなのかもしれません。

 

ジャズのスタンダードにも

「Lady Bird」という曲があります。

タッド・ダメロン(Tadd Dameron)

という、アメリカのピアニストの

作曲だそうですね。

私の手元には、

アート・ブレイキー、

ユタ・ヒップス、

チャールス・ミンガスの

ヴァージョンしかありませんが、

ミンガスのモノは、聴いていて

面白いと思っています。

 

The Jazz Messengers - Lady Bird - YouTube

At the Cafe Bohemia Volume 1

At the Cafe Bohemia Volume 1

 

 

Lady Bird - YouTube

チャールス・ミンガス・クインテット+マックス・ローチ

チャールス・ミンガス・クインテット+マックス・ローチ

  • アーティスト: チャールス・ミンガス,エディ・バート,ジョージ・バロウ,マル・ウォルドロン,ウィリー・ジョーンズ,マックス・ローチ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2009/06/19
  • メディア: CD
  • 購入: 1人
  • この商品を含むブログを見る
 

ミンガスのベースが

イイですよね。

 

でわ、また。