この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「ASIAがアジアでなくて詠時感だなんて、わかんねえよお。」- Only Time Will Tell

「ASIA」って、ご存知でしょか?

 

「アジア大陸」のアジアっすかって?

 

まあ、そうね、そうなりますね。

そうなりますけど、違うんですね。

 

「エイジア」というバンドの名前でした。

 

ええ、そんな展開おかしいだろうって?

いやいや、主導権は私にあるんですよ。

 

なんだとお!って?

いや、ごめんなさい。

 

さて、そんな茶番はおいておいてと。

 

「エイジア」は

「Jon Wetton」(元King crimson)、

「Steve Howe」(元Yes)、

「 Carl Palmer」(元E.L.&P.)、

「 Geoffrey Downes」(元Yes)の

4人によって結成されたグループで

当時は「スーパー・グループ」とか

「驚異のロック・グループ」とか

騒がれましたね。

 

そのデヴュー・アルバムが

日本語で「詠時感」と書いて

「エイジア」と読ませる

アルバムでございました。

原題は「Asia」ですね、単に。

詠時感(エイジア)~時へのロマン~

詠時感(エイジア)~時へのロマン~

  • アーティスト: エイジア,ジェフ・ダウンズ,ジョン・ウェットン,スティーブ・ハウ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2018/06/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

今風にいえば「盛りすぎだろ」

と言いたくもなる感じですかね。

 

ジャケットは、いいですねえ。

好きです。

 

そもそもが長尺で難解なプログレの

イメージが付きまとうバンドに

身を置いていたメンバーで

構成されていますからね、

私なんぞは、これほどポップに

振られたアルバムになるとは

思ってませんでしたね。

 

偉そうに言ってますけど、

本当にびっくりしましたね。

キンクリのイメージ強すぎですもんね。

 

2曲目の「Only Time Will Tell」

聴いてみましょう。

Asia - only time will tell - YouTube

 

どうでしょうか。

音作りは、やはりと唸らせるものがあると

勝手に思っているんですが。

 

そういうメンバーの集まりですから、

やがてぎくしゃくしていくんですけど、

メンバーを変えながらも

今でも活動を続けているのは

さすがだなあと思います。

 

翌年出された2枚目のアルバム

「Alpha」も悪くはないと思うのですが、

ファースト・アルバムよりは

売り上げも芳しくなかったようです。

 

そんなセカンド・アルバム「Alpha」から

1曲目に収録の「Don't Cry」、どうぞ。

Asia - Don't Cry [HQ] - YouTube

 

ポップですねえ。

 

アルファ

アルファ

 

 

え、なぜに突然「エイジア」をって?

 

特に理由はないんですよねえ。

たまたま、LP引っ張り出してきて

懐かしく聴いたからです。

 

でわ、また。