この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「KYOTO JAZZ MASSIVE、京都で開催されたイベントのライブか何かかと・・・」 - The Brightness Of These Days

「KYOTO JAZZ MASSIVE」というグループ?があります。プロジェクトと言った方が良いのかもしれません。

タワーレコード・オンラインの「KYOTO JAZZ MASSIVE」のプロフィールには、

1990年代の初めに結成された、沖野修也と沖野好洋によるDJユニット。 

と書かれています。DJユニットというのがどういうモノか知らないのですけれども、音楽的にはクロスオーバーと呼ばれているようです。

 

 

そんな知識は全然ないまま、ジャケットの京都タワーのシルエットに惹かれて、「Spirit of the Sun」(2002年)なるアルバムを入手しました。  

Spirit of the Sun

Spirit of the Sun

 

京都で開催されたジャズのコンサートか何かのアルバムだと思ったんですけどね。

 

ヴァネッサ・フリーマンとかヴィクター・デイビスと言った方々のヴォーカルがフィーチャーされたノリのいいアルバムでした。

1曲目の「The Dawn Introduction」から続く2曲目の「The Brightness Of These Days」までの流れやリズムが特に気に入りました。

 

Kyoto Jazz Massive - The Brightness Of These Days - YouTube

こんな感じですね。

 

予備知識なしで、掴んだアルバムでしたが、なかなか心地よい内容だったよ、という話でした。

 

でわ、また。