この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「梅雨らしいお天気に。っていうか、節度を持って降って欲しいぞ。」 - The Philosophy Of The Spiritual

梅雨らしいお天気になりました。

台風も、思ったより

列島に近寄らなかったようで、

風の被害はありませんでした。

 

さぞかし、アジサイも

うれしかろうと思いきや、

雨の降り方が

尋常じゃなかったすがね。

 

40mm近い

時間雨量ってのは、

短時間といえども、

不安でいっぱいですね。

 

茎の細っこいアナベル君などは、

雨を含んだ花の重さに

耐えかねて、

大変なことになっておりまして。


f:id:ninasimone:20190630091920j:image

 


f:id:ninasimone:20190630091932j:image

みなさん、下を向いておられる。

首を垂れるってのは、

謙虚でいいかもしんないけど、

ずーっとこうなっているのは、

困りますねえ。

元に戻るんだろうか。

 

アナベル君の花の裏側って

あんまり見ないですけどね。


f:id:ninasimone:20190630091956j:image

上から見たらば、

花など無きが如くの様相。

 

もう少し短めに剪定していたらば

大丈夫だったんだろうか。

 

こりゃ失礼。


f:id:ninasimone:20190630092101j:image

普通のアジサイは、

シャンとしておる。

 

赤いのはフランボワーズ・バニーユですね。

ウチのは遅咲き。

忘れた頃に咲く。


f:id:ninasimone:20190630094444j:image

ラべンダーも特に変わりはないですね。

何事もなかったように咲いています。

 


f:id:ninasimone:20190630094507j:image

茎ブロックコリーには、

カメムシが普通にいました。

ナガメとかいうヤツですね。

菜の花につくカメムシで

ナガメというらしい。 

 

アレだけ雨が降っても、

影響があったのは

アナベル君ぐらいでした。

それも、私がそう感じただけで、

自然の中では、

「そんなこともあるさあ。」

ということなんでしょうなあ。

 

今日も大雨警報が出ておるのに

何事もなかったように、

日々の生活を続けていく。

 

なんか哲学的なですな。

 

哲学的と言えば

リチャード・デイビスという

ベーシストのアルバムに

「The Philosophy Of The Spiritual」

ってのがあるんですがね。

 

リチャード・デイビスってのは

前にもお話したことがあるんです。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

今回のアルバムは、

万人受けする音楽では、

無いと思うのですが、

私は、妙に気になるんですね。

 

その中から1曲、どうぞ。

Richard Davis - The Rabbi - YouTube

 

アルバムを通してアルコ奏法による

ベースの音色を聴けるのですが、

この曲でのベースの鳴らせ方ってのは、

なかなかカッコイイと思ったりするのです。

 

同アルバムには、スタンダードナンバーの

「Dear Old Stockholm」と言う曲も

入ってますが、これなんかは

聴きやすくていいかもしれません。

Richard Davis - Dear Old Stockholm - YouTube

 

最後の曲「Juan Valdez」ってのも、

捨てがたい雰囲気を持った曲ですよ。

Richard Davis - Juan Valdez - YouTube

 

アマゾンのリンクは探せませんでしたが、

もし目にすることがあったら、

持っていてもイイと思いますよ。

 

でわ、また。