この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

南から来た十字軍

宗教の話をするつもりは

全く、ありません。

 

タイトルはね、

クルセイダーズの

アルバムの邦題ですね。

原題は

「Those Southern Knights 」

1976年リリースの

アルバムですね。

 

このアルバムは、

私の中では、1曲目の

「Spiral」一択。

www.youtube.com

 

いいでしょう?

ギターがとくに・・。

3分ちょい前からの

キーボードも負けていませんよね。

 

ギターがラリー・カールトンってのも

キーボードがジョー・サンプルってのも

まーったく知らずに

手にしたこの一枚。

 

ラリー・カールトンは

1978年のソロ・アルバム

「Larry Carlton」(夜の彷徨)、

ジョー・サンプルも

同じく1978年のアルバム

「Rainbow Seeker」(虹の楽園)で

始めて認識するんですよ。

ご存知でしょ、この曲。

www.youtube.com

流行りましたねえ、これ。

 

当時、「フュージョン」という

言葉がもてはやされていたんです。

流行りのジャンルは聴いてみないと、

と思っていたわけなんですよね。

それと芝居じみたジャケットに

惹かれたわけです。

 

親からお小遣いを

もらっていた立場で

2,300円というお値段は

なかなかの出費だったのですが・・。

 

それを父親のステレオ・セットの

ターンテーブルに乗せて・・。

確かね、テクニクス・ブランドの

SC-1400とかだったと思います。

知ってます?

レコードプレーヤーも

チューナーもアンプも

みーんな一つの箱に

入っているヤツですよ。

www.hituji-ya.jp

勝手にリンクさせて

いただきました。

 

初めて聴いたときの感動と言ったら・・。

 

おそらくは、この

「初めて」というのが

キー・ポイントなんでしょうね。

 

翌年、彼ら「十字軍」は

「Free As The Wind」

(邦題:風に舞う)を

リリースするんですね。

この流れで手に入れるわけですけど

興味を持つと習慣化

されてしまうところが

怖いですね。

 

出たら(何も考えずに)

手に入れる

いかんいかん。

 

www.youtube.com

6曲目の「Sweet N'sour」

という曲です。

曲はジョー・サンプルですね。

 

直訳だと「甘酸っぱい」って

いう意味なんでしょうが、

それだと曲調と

合わん気がしますけど

どうなんでしょう。 

 

こういうのを「グルーブ感」

あふれるっていうんですかね。

各パートのバランスの良い

曲だと思います。

 

このアルバムには、

先ほど話に出た

ラリー・カールトンの

ソロ・アルバムにも

収録されている

「Nite Crawler」も

入っていますね。

www.youtube.com

ファンキーというのとは

ちょっと違いますけど、

控えめなギターが

逆に存在感があったり・・、

しません?

 

Those Southern Knights

Those Southern Knights

  • アーティスト:Crusaders
  • 出版社/メーカー: Mca
  • 発売日: 1997/03/11
  • メディア: CD
 

 

Free As the Wind

Free As the Wind

  • アーティスト:Crusaders
  • 出版社/メーカー: Mca
  • 発売日: 1997/02/25
  • メディア: CD
 

 

Rainbow Seeker

Rainbow Seeker

  • アーティスト:Joe Sample
  • 出版社/メーカー: Blue Thumb
  • 発売日: 1996/03/26
  • メディア: CD
 

 

十字軍というと

あまり良いイメージは

持っていないのですが

音楽でいえば

「南から来た十字軍」は

グッドですねという話でした。

 

でわ、また。