この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「“労働”がテーマと思われる曲って、心地よくない? その3」 - Blue Collar Man

さらに引き続き、“Work”に関する曲の話をします。

 

スティクス(Styx)ですね。

ネット検索すると「Styx」には次のような意味があると書かれていました。

ギリシア神話において地下を流れているとされる大河、あるいはそれを神格化した女神である。

知りませんでした。

 

彼らの「古代への追想」(Pieces Of Eight、1978年)というアルバムです。

8枚目のものになります。ちなみに「Pieces Of Eight」というのは、昔のスペインの8レアル銀貨のことらしいですね。

 

このアルバムの6曲目に「Blue Collar Man(Long Nights)」という曲が収録されています。

トミー・ショウ(Tommy Shaw)の作品ですね。

彼ら、元々は、アメリカン・プログレって分類されてたようですけど、この辺りだと、結構ハード・ロック寄りですよね。

 

“Work”という言葉は入ってはいないんですが、シロートの私の耳でもわかる導入部の英語が印象的だったので、取りあげました。一部引用しますと

Give me a job,
Give me security
Give me a chance to survive
I'm just a poor soul
in the unemployment line
My God, I'm hardly alive

 

もっと深い意味があるのかもしれませんが、直訳でも、失業者の悲痛な叫びというか、そういうモノを詩にしているようにとれます。

 

この頃のアメリカって、失業率も低くはなかったようですし(1974年は4%台だったのが1975年には9%に、その後8%切るぐらいで推移して1978年では6%台に下がったものの、逆にインフレはひどくなったようですね。)、生活不安というのがあったのかもしれないですね。

 

なんて、屁理屈つけてましたけど、結局はこの曲がノれる心地よい曲ですよねー、っていいたかっただけなんですよ。

 

Pieces of Eight

Pieces of Eight

 

 

デニス・デ・ヤング(Dennis DeYoung)のキーボードの出だしは、いつもどおりですけど、あとは控えめですし、2分過ぎのギター・ソロもちょうどいい感じです。

ショウのヴォーカルも良いですよね。

 

ショウの作品としてはソロ・アルバム「What If?」(1985年)の「Jealousy」が大好きなんですが。

 

「“労働”がテーマと思われる曲って、心地よくない? その3」ということで、「Blue Collar Man」って心地よいよね、というお話でした。

 

でわ、また。