この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「川辺や草原で聞こえる音に近い自然な心地よさ 手嶌葵」 - What Is A Youth?

「手嶌葵」といえば「ゲド戦記」の「テル―の唄」ですよね。

あるいは、「コクリコ坂から」の「さよならの夏」を知ってる人も多いですかね。

「さよならの夏」の方は、「森山良子」Ver.を実際に聴いていた世代なので懐かしかったのですが、独特の空気感というか、透明感のある彼女の声にあってますよね。

 

で、それぐらいの曲しか知らなかったのですが、映画音楽とかジャズが好きだという話を耳にしたので、彼女のリリースしているアルバムを調べてみました。

 

そうしたら、映画音楽をカヴァーしたアルバムを何枚か出されているんですね。

そんななかで、彼女のアルバムとしては3枚目の「The Rose 〜I Love Cinemas〜」(2008年)というアルバムを選んで聴いてみました。

 

収録曲の中に、映画「ロミオとジュリエット」の「What Is A Youth?」があったので、ちょっと気になったからなんですケド。

映画は、流石にリアルには見てませんよ。ただ、映画雑誌なんかで「オリビア・ハッセー」が話題になっていたのと、この曲はラジオなんかでよく流れていて、気に入っていたのです。確か15歳ですぞ、彼女、その時。 

ロミオとジュリエット [Blu-ray]

ロミオとジュリエット [Blu-ray]

 

 

で、

全9曲(同じ曲のヴァージョン違いが1曲あるので、実質8曲)で、他のジャズ・シンガーも歌っている「Moon River」や「Calling You」もあります。

 

彼女の声質がすべてなんでしょうねえ。高く透き通った、飾りのないストレートに伸びる声(良くわからないですケド、思いつく言葉を並べてみました。)が、いいです。

 

自然にある音というイメージが湧きますね、彼女の声は。

川辺や草原で聞こえる音といってもいい気がします。

あとね、「サ行」の発音、すごおく、きれいだと思うんですが、どうでしょう。

 

それぞれ収録曲を聴いてみて、再度、思ったのですが、やはり「Moon River」、「Calling You」あたりは、いいですね。原曲の良さというのもあるんでしょうね。

「Calling You」は、珍しいところ?では元スピードの島袋さんが、「Coco d'Or」というアルバムでも歌ってました。アレンジの違いもあって(島袋版はスピード感がある(笑))比較はできないんでしょうけど、手嶌版に一票というところでしょうか。

 

The Rose~I Love Cinemas~

The Rose~I Love Cinemas~

 

 

と、言っておいてなんなんですが、このアルバムでは、昔年の想いの強さから「What Is A Youth?」が心地よいぞー、としましょう。

 

あとで知ったのですが、彼女が、歌の世界に入るきっかけになったのが「The Rose」らしいですね。アルバム・タイトルなわけかー。

 

「川辺や草原で聞こえる音に近い自然な心地よさ」が、手嶌葵の声にはあるぞ、という話でした。

 

でわ、また。