この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「惜しみなく愛は与うのか、奪うのか、どっち?」 - Woman in Love

バーブラ・ストライザンド(Barbra Streisand)。

懐かしい名前でしょう?

1942年生まれとのことですので、今はいわゆる後期高齢者ですねえ。

バーブラといえば、「スター誕生」とか「追憶」とかが有名ですけど、私は「Woman in Love」だよねー、と言いたいですねー。

1980年リリースのアルバム「Guilty」に収録されている曲です。

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった「ビージーズ」のバリー・ギブとのアルバムですよね。

その、ファースト・シングルが、「Woman in Love」でした。全米1位に輝いています。

 

ギルティ
by カエレバ

 

これは、実に心地よい曲だと思うんですね。

特にここですね。

~But I give you it all

2分27秒辺りから38秒辺りまでのロングトーン。

そんなに長くはないですけど、引き付けられてしまいます。

次の歌詞の my worldまで引っ張るんですよね。

I am a woman in love
And I do anything
To get you into my world
And hold you within
It's a right I defend
Over and over again
What do I do? 

 

トルストイか有島武郎かという話ではないンですが、

全てをあげるといいながら、自分のモノにするためには何でもやるぜえっていうことですよね、これ。

「Love」って、難しいですよねえ、ホントに。

 

でも、この歌は心地よいですよね。

 

でわ、また。