この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「いろいろあるけど、ブルー・イン・グリーンは、名曲ですよね。」 - Blue In Green

「ブルー・イン・グリーン」

という曲があります。

「Blue In Green」と書きますね。

 

良い曲だと、個人的に思っていますし、

世間的な評価もそうだと思います。

この曲について、少しお話したいと思います。

 

 

「ブルー・イン・グリーン」、その意味は?

目次の最初にあげといてなんですけれども、 

どんな意味かっていうと

ちょっとわからないというのが

ホントのところです。

直訳すると「緑の中の青」

ってことになりますが、

まあ、そんな理解でいいらしいです。

 

いろいろと解釈もありますので、

ご紹介しましょう。

ブルーは憂鬱を、グリーンは嫉妬を表している

これは、マイルス・デイヴィスが

この曲につけた歌詞ですね。

Hues of blues and greens surround me

Knowing you have found another love

Has turned me world to sorrow

Green with envy for another

Fearing she may be the one to soar

Through life with you, can’t lose these

Hues of blues in green

 

Lyrics By – Miles Davis

 

もう一つは

ブルーは空、グリーンは海

というものですね。

これは、カサンドラ・ウィルソンの

「Traveling Miles」という1999年の

アルバムの「Sky And Sea(Blue In Green)」

の歌詞の内容です。

Tossed between The sky and sea

We'll sail Until we find the harbour lights

A life is but a dream

Of blue in green although it seems

The end draws nearer with each passing day

We'll always sail

This way, until

We find our home 

 

Lyrics By – Cassandra Wilson 

 

誰が作曲したかわからないって本当?

いろいろと面白い話があるみたいです。

マイルス・デイビスのアルバム

「カインド・オブ・ブルー」

(Kind of Blue、1959年)に

に収録されており、

デイビスの作曲と

クレジットされています。

Kind of Blue

Kind of Blue

  • アーティスト: Miles Davis,Jimmy Cobb,John Coltrane,Paul Chambers,Wynton Kelly,Cannonball Adderley,Bill Evans
  • 出版社/メーカー: COLUMBIA/LEGACY
  • 発売日: 1997/03/27
  • メディア: CD
  • 購入: 12人 クリック: 130回
  • この商品を含むブログ (183件) を見る
 

 

ところが、同年に発表された

ビル・エヴァンスのアルバム

「ポートレート・イン・ジャズ」

(Portrait In Jazz)

にも収録されていますね。

そこには、「Davis-Evans」と

書かれていました。

PORTRAIT IN JAZZ

PORTRAIT IN JAZZ

 

 

デイビス自身は、自分が作曲した

と言っていたようです。

 

さあ、どっち?っていう話が

あったようですね。

 

この話はかなり有名で、

あちこちでその記述を

目にすることができます。

 

また、直接、この話題を

ビル・エヴァンス本人に

インタビューした音源も

あったりします。

 

アメリカの「National Public Radio」

というラジオ局で「ピアノ・ジャズ」

という番組の司会をしていたのが

「マリアン・マクパートランド」

(Marian Mcpartland)という

イギリス生まれのピアニストです。

毎回、ゲストを迎えながら

一緒に会話と演奏を楽しむといった

趣向の番組でした。

このゲストの一人に、

エヴァンスもいたのですね。

その時のことでした。

 

この番組のいくつかは、

CD化もされています。

たまたま、私も持っていまして

その部分を聴きなおしたことがあります。

そういう曲があって、

マイルスがロイヤリティを得ている

みたいなことを言ってますね。

Marian McPartland's Piano Jazz With Bill Evans by Bill Evans (2002-08-27)

Marian McPartland's Piano Jazz With Bill Evans by Bill Evans (2002-08-27)

  • アーティスト:Bill Evans
  • 出版社/メーカー: Concord Records
  • メディア: CD
 

 

今は、エヴァンスの曲ってことで

落ち着いているようです。

 

どれを聴いたらいいでしょう? 

さて、前置きが長くなりましたが、

「ブルー・イン・グリーン」

いい曲ですねえ。

どれを聴いたらよいでしょう?

どれもイイと思います。

 

まずは、マイルス・デイビス。

Blue in Green by. Miles Davis - YouTube

 

どうですか。

何ともいえない

恍惚とした気持ちになりますね。

え、言いすぎですか?

 

次に、ビル・エヴァンス。

Bill Evans Blue in Green - YouTube

 

どちらもピアノは、エヴァンスです。

 

「カサンドラ・ウィルソン」

(Cassandra Wilson)

の「Traveling Miles」(1999年)から。

www.youtube.com

 

いきなりのベースが、私は好きなんです。

先ほどの青と緑を、「空」と「海」と解釈したやつですね。

Cassandra Wilson - Traveling Miles (IMPORT (USA))
 

 

私の手元には彼らの他に、

「ウォレス・ルーニー」

(Wallace Roney)

の「Verses」(1987年)、

 

「ゴンザロ・ルバルカーバ」

(Gonzalo Rubalcaba)

の「The Blessing」(1991年)、

 

「アーチ―・シェップ」

(Archie Shep)

の「Blue Ballads」(1995年)、

 

などに収録の

ヴァージョンがあります。 

 

Verses

Verses

 

楽器が同じなのでねえ。マイルスっぽいですかね。

 

Blessing

Blessing

 

情熱的なピアノも良いですし、

ヘイデンのベースも聴かせてくれるなあ。

デジョネットのドラムもいうことなし、

なんてね、私、全くのシロートですが。

 

 

ブルー・バラード (紙ジャケット仕様)

ブルー・バラード (紙ジャケット仕様)

 

あいかわらずのシェップ節。

曲に対して、まったく違うイメージを

持ちますよねえ。

一番ドラマチックかもしれない。

 

「ブルー・イン・グリーンは、名曲ですよね。」、

そして心地よいですねえ、という話でした。 

 

でわ、また。