この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「ラ・メゾン・デュ・ショコラって、なんなんだよ。うまいのか?」 - LA MAISON DU CHOCOLAT

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」

(LA MAISON DU CHOCOLAT)

というブランド、

皆さんは、よくよく

ご承知のことと思うのであります。

 

しかしながら、私、

本日初めて知りまして、

そしてまた、「高級チョコレート」

というものの「頂」の高さに、

愕然としているところであります。

 

何かの「縁」があったのでしょうか、

我が家にやってまいりました。

 

もちろん、私めが

頂いたものではありませぬ。

 

我が家にまいったのは、

このような、小さな小箱で

ごさいました。

f:id:ninasimone:20190216163216j:image

箱の大きさは、7.5cm角で正方形。

小箱の上の方には、 小さく金文字で、

「LA MAISON DU CHOCOLAT」と、

そして、その下には、

誇らしげに「PARIS」とあります。

f:id:ninasimone:20190216163542j:image

 

「ヴェルティージュ ショコラ」と

呼ばれるもののようであります。

 

「Vertige」というのは、

「めまい」とかいう

意味でありますが、

回転木馬のイラストが

使われておりまして、

「めくるめく、甘美の世界へ」

といったコンセプトのようであります。

 

内容量は、4粒。

え、間違いではありますまいな。

 

ええ、間違いなく4粒であります。

f:id:ninasimone:20190216164148j:image

一辺20mm、厚さおよそ10mmの

物体が確かに4粒、並んでおりました。

 

見るからに気高い、

そのお姿に、わたくしは、

手を触れることすら

かないませんでした。

 

って、んなわけはないですけどね。

これで、2,000円オーバー

なんだそうです。

 

たまたま、テレビで、

チョコレートの口当たりというのは、

「全体を同じ温度で固まらせること」

で、良くなるみたいなことを

やっていまして、

そういったところに、

手間暇がかかっているのかな、

と思いましたけれども、

それにしても、ねえ。

 

おそらく、最初で最後のこと

なんだろうなあと思いながら、

コーヒーと一緒に

いただきました。

 

4粒は、それぞれ

「パッショネモン ショコラ」

~情熱的に

「アラフォリ プラリネ」

~狂おしいほど

「ボークドゥ キャラメル」

~大好き

「バデュトゥー レゾナブル」

~欲望のまま

 

などと、打ち込むのも

気恥ずかしい名前が

ついていました。

 

だから、なんだって?

 

いや、ただそういうことが

ありましたという

ご報告でございます。

 

しかも、世間では

これとて「並の」高級チョコレート

の域をでないとか。

1粒で2,000円オーバーというのも・・・。

 

私は、やっぱり

チロルチョコですねえ。

チロルチョコ チロルチョコ<バラエティパック> 30個×10袋
 

安心して食べられる。

 

でわ、また。