この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「フローズンという言葉の響きには、冷たく寂しいものを感じますね。」 - Frozen

「Frozen」といえば、

「アナと雪の女王」の

原題ですよね。

Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014 [Import]
 

 

氷のように頑なに

冷たくなった心が

融けていくっていうような

ストーリーでしたかね。

 

でもね、私にとっては

「Frozen」といえば、

マドンナですね。

還暦を過ぎて、

なお元気。

すごいですねえ。

さすが、スーパースター。

 

私は、デビューしてから

3枚目ぐらいまでは

アルバム聴きましたが、

それ以降は、

あまり聴かなくなりました。

 

「La Isla Bonita」

あたりまでですかね。

Madonna - La Isla Bonita - YouTube

こんな感じの曲が、

大好きなんです。

つまり「Like a vergin」みたいなのは、

ちょっと、というクチです。

 

それがまた、彼女のアルバムを

聴くようになったのは、

先ほど出た「フローズン(Frozen)」

という曲を聴いてからです。

 

こんな曲ですが・・。

www.youtube.com

なかなかよさげだと

思いません?

 

1998年リリースされた

マドンナ7枚目のアルバム、

Ray Of Light」に

入っています。

 

ジャケットも

気に入っておるのです。

Ray of Light

Ray of Light

 

このアルバムの

9曲目ですね。

 

マドンナにしては

えらく内省的なというか

暗いイメージの曲ですが

私にはソコがどストライクでした。

 

彼女といえば、やはり、

先ほどの「Like a vergin」

のような派手なイメージが

あったと思うのですよ。

 

私だけかもしれませんが。

 

こうした新しい分野への

チャレンジってのが

世界的にも受け入れられて、

かなりのヒットになったようです。

ビルボードでは2位まで

だったようですが、

そんなことはどうでもいいでしょう。

 

当時、この曲を聴いたときには

以前とは別人のような

印象を持ちましたね。

歌い方も変わっているように

感じましたし。

 

いい曲だあ、ホントに。

 

ところで

「Ray Of Light」といえば、

「鋼の錬金術師」も

思い出されますね。

しょこたんですねえ。

中川 翔子 『RAY OF LIGHT』 - YouTube

 

これを聴いて、

ああ、歌手だったんだなあと

思いましたねえ。

 

「ヴァン・ホーエンハイム」

最後にイイとこ

もっていきましたね。

 

あ、脱線しましたね。

 

このアルバムは、

例外もありますが

どちらかというと、

「Frozen」系の曲が

多いような気がします。

心地よいです。

 

そういえば

「Within Temptation」にも

そういう曲ありましたね。

Within Temptation - Frozen - YouTube

 

これはこれで、好きですね。

Heart of Everything

Heart of Everything

 

どちらも

ラブ・ソングなんですかね。

凍りついた気持ちを

何とかしたいみたいな。

 

「アナ雪」にも通じますね。

とにかく凍ったら

「融かす」みたいな

ルーチンがあるように思います。

 

「Frozen」・・・。

タイトルにあれば、

いい曲の確率アップなのかな。

 

でわ、また。