この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

汗かと思ってしまったが、違ったという話

カーティス・フラーって知ってます?

トロンボーン奏者ですね。

 

聞きなれないですけど、

トロンボーン奏者を

トロンボニストって

いうんだそうですね。  www.kokochiyoi-blog.com

 

フラーの「名盤」は?と聞くと

必ずと言っていいほど

出てくるのが「Blues-Ette」

というアルバムです。

ブルースエット

ブルースエット

 

私も、そう教えてもらいました。

 

初めてアルバムの

タイトルを聞いたときには、

日本語表記も「ブルースエット」

となっているように、

教えていただいた人の

発音もそうでしたから、

「ブルー・スエット」だと

勘違いしてしまいました。

 

「青い汗」ってどうよ、みたいな。

ポ〇リ・スエットじゃねーんだからとか。

 

英語表記を見ればわかりますが

「ブルース・エット」だったわけですね。

「ette」は接尾辞で

「女性」とか「小さい」とか

「代用品」とかいう意味が

あるんだそうです。

 

例として「Cigar」と

「Cigarette」があげられていました。

Cigar=葉巻で

Cigarette=紙巻きたばこ

 

で、この「Blues-Ette」は

どういう意味なんでしょうかね。

「ブルース」の小作品とか

「ブルースじみた」とかいうぐらいの

意味なのかなと勝手に思っています。

 

名盤と教えられて聴いてみても

しっくりこないものって

あるんですよね。

聴き手を選ぶものも

あるようですし。

 

ただ、これは、私も

いいなあと思いました。

メンバーは、

 

Curtis Fuller (tb)

Benny Golson (ts)

Tommy Flanagan (p)

Jimmy Garrison (b)

Al Harewood (ds)

 

豪華ですよね。

全6曲です。

1 Five Spot After Dark

2 Undecided

3 Blues-Ette

4 Minor Vamp

5 Love Your Spell Is Everywhere

6 Twelve-Inch

 

では1曲目の

「Five Spot After Dark」をどうぞ。

www.youtube.com

 

このアルバムで

テナーサックスを吹いている

ベニー・ゴルソンの

曲なんです。

ゴルソンは

作曲・編曲者としても

かなり有名な人です。

 

「Five Spot」というのは、

ニューヨークの

ジャズクラブの名前ですね。

 

これは、カッコいいなあと思いました。

 

矢野沙織のアルバム

「BEBOP at the SAVOY」で

彼女も吹いてますが

全く違う雰囲気ですよ。

www.youtube.com

 

BEBOP AT THE SAVOY

BEBOP AT THE SAVOY

  • アーティスト:矢野沙織
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD
 

これはこれで、面白いんですが

やはり、オリジナルに

一票でしょうかね。

どうでしょう?

 

カッコいいといえば、

これなんかも

そうだとおもうんですよね。

4曲目の「Minor Vamp」です。

www.youtube.com

 

「Vamp」というのは

音楽用語で言うと

短いコードの繰り返しなどによる

伴奏パターン

を言うんだそうですが、

これがそう言う意味なのかは

私にはわかりません。 

 

でも、良い曲です。

 

もう一曲だけ

いっときましょうか。

5曲目の

「Love Your Spell Is Everywhere」です。

www.youtube.com

こいつもいいやねえ。

前半サックスメインですが

2分過ぎには、ちゃんと

フラーのトロンボーンが

聴けます。

4分過ぎのピアノも軽快ですね。

 

この曲は1929年の映画

「The Trespasser」で

使われた曲らしいですね。

主演のグロリア・スワンソンが

歌ったそうです。

っていうか、動画が

ありましたね。

www.youtube.com

さすがに年代を感じさせます。

参考までに・・・。

 

このほか、この曲は

ケニー・バレルが

やっていますね。

www.youtube.com

 

あいかわらず、

おしゃれな感じですね。

 

「Blues-Ette」には、

「Blues-Ette 2」なる

アルバムがあってですね、

ベースのジミー・ギャリソンが

レイ・ドラモンド(Ray Drummond)に

変わっているだけのメンバーで

吹き込んでいますね。

 

これにも、

「Love Your Spell Is Everywhere」が

収録されています。

www.youtube.com

 

ジャケットも同じですね。 

もとの「Blues-Ette」が1959年、

「2」が1993年です。

さて、どうなんでしょうか。

ブルースエット・パート2(紙ジャケット仕様)

ブルースエット・パート2(紙ジャケット仕様)

 

 

でわ、また。