この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「キャバレーとサックスとレフト・アローン」 - Left Alone

またまた、昔話で

大変申し訳ないのですが

今から30年以上前に

「キャバレー」という

邦画があったんですよ。

キャバレー 角川映画 THE BEST [DVD]

キャバレー 角川映画 THE BEST [DVD]

 

 

グイン・サーガ」で有名な

栗本薫さんの小説が原作ですね。

栗本薫 - Wikipedia

 

栗本さんは、SFがメインですけど、

キャバレー」のような

ハードボイルド物もいくつか

書いてらっしゃいます。

キャバレー (ハルキ文庫)

キャバレー (ハルキ文庫)

 

 

で、ストーリーは、

ジャズ・サックス奏者とヤクザの

奇妙な交流を描いたものナンですが、

軸となるのが、

「レフト・アローン」(Left Alone)

という、ジャズのスタンダード・ナンバー。

 

この曲は、マル・ウォルドロンという

ピアニストの曲で、

ビリー・ホリデイが歌詞をつけました。

残念なことに、彼女が歌っているものは

残されていないと言います。

何度も録音しようとしたのに、

そのたびに楽譜を忘れたのだとか・・。

ホントですかね。

 

物悲しい旋律のナンバーですね。

 

では、マル・ウォルドロンの

ナンバーを聴いてみましょう。

Left Alone - YouTube

サックスは、「キャバレー」でも名前が出る

ジャッキー・マクリーンです。

 

映画の主題歌は、マリーンが

歌っていました。

Left Alone (Marlene/1986) - YouTube

 

やっぱり、サックスの印象で

曲のイメージが変わるように思います。

 

お好みのヴァージョンを、

探すのも楽しいですよね。

 

レフト・アローン +6 (日本独自企画盤、解説、ボーナストラック付)

レフト・アローン +6 (日本独自企画盤、解説、ボーナストラック付)

 

 

レフト・アローン

レフト・アローン

 

 

Dollar Brand Duet

Dollar Brand Duet

 

シェップは、何を演っても、ネットリだなあ。

 

でわ、また。