この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン、私のおかしなヴァレンタイン、いやーそれ程でも。」 - My funny Valentine

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」

 

ゴリゴリのスタンダード・ナンバー

ですよね。

 

えっ!違うんですか?

 

1937年のミュージカル

「ベイブス・イン・アームス」

(Babe’s In Arms)で使用された曲です。

使用されたというか

このミュージカルのために書かれた曲

とのことです。

 

直訳すると

「私のおかしなヴァレンタイン」ということに

なりますが、実際、それでいいようです。

 

歌詞もざっと見ると、

My funny Valentine, sweet comic Valentine

You make me smile with my heart 

Your looks are laughable

Unphotographable 

っていう感じですので、そういう歌のようですね。

 

「Unphotographable 」ってのは

「写真の被写体として向いてない」

ってことなんでしょうけど、ひどい言われようですよ。

ただ、あとで 

Stay little Valentine, stay

Each day is Valentine's Day

などといってますからね。

ここがポイントなんだそうですね。 

要は、「変わらないあなたのままでいてね」

ってことスね。

そして、名前の「ヴァレンタイン」と

「ヴァレンタイン・デー」を

かけてるんですってね。

Ella Fitzgerald - My Funny Valentine (High Quality - Remastered) - YouTube

 

面白おかしくけなしながら、

でも「好きよ」という歌でした。

 

そういう歌の割には曲調がマイナーですよね。

ソコんとこに多少の違和感を感じてしまいます(笑)。

だから私は好きなんですけれどもね。

 

ヴォーカルものでは「チェット・ベイカー」の

ヴァージョンをよく耳にします。

Chet Baker - My Funny Valentine - YouTube

イイ男ですね。

 

インストでは、マイルス・デヴィスのモノが

有名ですね。

Miles Davis - My Funny Valentine - YouTube

 

個人的には、ピアノのヴァージョンが好きですね。

 

例えばキース・ジャレット。

My Funny Valentine (Live At Philharmonie, Munich / 1986) - YouTube

透明感のあるキレイな演奏だと思います。 

1986年の「Still Live」という

ライブ・アルバムに収録されています。

このアルバムは、評判イイんですよね。

 

例えばハービー・ハンコック。

Herbie Hancock - My Funny Valentine - YouTube

1978年の「The Piano」というアルバムに

収録されているヴァージョンですけどね、

繊細な雰囲気が好きですねえ。

イントロはちょっと「おおっ」って

感じですけど。

 

あとね、ハンク・ジョーンズ。

My Funny Valentine - Hank Jones Trio - YouTube

1956年の「The Jazz Trio Of Hank Jones」に

収録です。これは、イイと思うなあ。

なんでだろう?

 

Still Live

Still Live

 

 

PIANO

PIANO

 

 

The Trio

The Trio

 

これは1956年のモノの再発盤のようです。+4曲になっている。

 

でわ、また。