この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

山口百恵

最近、山口百恵さんの

アルバムをヘビーローテーション

しております。

 

デビュー当時からのファンでも

ありましたので音源は、

それなりにあります。

多くはカセットテープから

おこしたものなので

音質的にはどうなの~

ってのばかりですけどね。

で、今ヘビロテしておりますのは

デビュー当時のものではなく、

1977年辺りから

1980年辺りのモノですね。

この辺りのアルバムは

今、車のなかで聞いても

なかなか心地よいものが

多いですよ~。

彼女の歌唱力が向上?

したというか、

開花したというか

そうしたことと相まって、

アルバムの質が歌謡曲の

枠を超えた仕上がりに

なっているからだと

(勝手に)思っております。

評論家じゃあるまいし

何言ってんだかね(笑)。

 

でも、脂の乗った宇崎・阿木コンビと

その時期が重なったってのは

大きいとは思いますけどね。

 

「曼珠沙華」(1978年)の

B面の最初とラストに入っている

「横須賀サンセット・サンライズ」。

www.youtube.com

最初のトラックは、

イントロ部分だけで

フェードアウト。

4曲挟んで、大トリで

フルコーラスですね。

イーグルスの「Wasted Time」の

逆ヴァージョンです。

や、この作りが

ゾクッときますねえ。

また、A面の3曲目

「惜春通り」は、

引退後の1994年に

シングル化されてます。

二十才の記念碑 曼珠沙華

二十才の記念碑 曼珠沙華

  • アーティスト:山口百恵
  • ソニーミュージックエンタテインメント
Amazon

ジャケットは篠山紀信でしたねえ。

あるいは「L.A.Blue」(1979年)の

A面最後の「CRY FOR ME」。

www.youtube.com

ファルセットが悩ましい。

作詞は山口百恵本人なのですよ。

曲の雰囲気が一つ前のアルバム

「A FACE IN A VISION」の

「マボガニー・モーニング」に

似ているのは偶然ではないと思います。

当時としては珍しく

ジャケットに本人のポートレートが

入ってないと言うシロモノですぞ。

L.A.BLUE

L.A.BLUE

  • アーティスト:山口百恵
  • ソニーミュージックエンタテインメント
Amazon

そしてまた、「ドラマチック」(1978年)の

「水鏡」とか。

www.youtube.com

あの「絶体絶命」で

「さあさあ」っていった後に

この曲なんですよ。

丸山圭子の作詞作曲ってのも

いいですよね。

え、知りません?

「どうぞこのまま」の

アノ人ですよ。丸山圭子 『どうぞこのまま』 1976年 - YouTube

ジャケットも好きなんですケドねえ。

ドラマチック

ドラマチック

  • アーティスト:山口百恵
  • ソニーミュージックエンタテインメント
Amazon

ま、この辺を

聴いておるわけです、夜な夜な。

LPを通しで聞いてなけりゃ

わからん話ですいません。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。