この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

柿の種を埋めました

義母の家の柿の話を先日いたしました。

www.kokochiyoi-blog.com

筆ガキのようなアイツの種を、我が庭に植えてみたいなと思ったのは、ここに書いたとおりです。違う種類の甘柿を自宅で収穫したいと考えたわけなんですよ。

f:id:ninasimone:20211110131034j:image

埋める日までと、何粒かキッチンに取り置いていたのですが、邪魔だと通告されてしまいました。確かに、美観というか、イメージ的にも良くないですよね。

何処かに片付けても忘れるだけですからね。

柿の種自体は、11月から3月が適期らしいので、この時期でも、問題はなさそうです。なので、さっさと庭に埋めることにしました。こういう大きな種だと蒔くというのには、なにか抵抗があります(笑)。

が、ソラマメのような大きい種でも、蒔くといいますから、単なる私のこだわりに過ぎないのですが。

それで、どこに埋めようかと悩んだんです。

実は、昨年、傷んだ我が家の柿を、処分に困ってそのまま庭に埋めたのですが、今年の春には、かなりの数の芽が出てきました。

今、選りすぐって3本ほどにしてあります。

小さい苗なのに根張りが凄くて、野生を感じましたね。

f:id:ninasimone:20211111081421j:image
これをこのまま育てるかは思案中です。既にこの種にの柿の木はありますからね。

なんの話だって?

いや、ですからその隣辺りにでも埋めとこうかなと。そうすれば、忘れてしまうことも無いかなと、こう思ったんです。

もっとも、コヤツら(種)に、発芽能力があるのかどうかは、まったくもって不明ですけどね。

f:id:ninasimone:20211117094018j:image

3粒埋めました。

え、芽が出たら区別がつくのかって?

・・・・!

そうですよね!

明認するために、こういうモノを置いておくことにしました。

f:id:ninasimone:20211117094042j:image

そうなら、埋めるのは別にココでなくても良かったか(笑)。

 

今年、いろいろ、埋めちゃいました。

先程の柿の種のほか、

・カラスウリの種

f:id:ninasimone:20211111082824j:image

・イヌバラの種

f:id:ninasimone:20211111083452j:image

お茶に種は使わないですからね。

f:id:ninasimone:20211111081048j:image

・イチジクの枝

f:id:ninasimone:20211111081101j:image

これも植えたというには抵抗があるんです。なぜでしょうねえ。地中深く、ぶっ挿したからでしょうか?(笑)。

ホントは挿し木は春にするモノらしいですが。

・ヤブツバキの種

f:id:ninasimone:20211111083045j:image

 

はてさてどうなるやら(笑)。

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。