この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

ボウズの男:アオリイカ'20

ボウズの男・・・。

釣りは好きだが、

釣果があったためしが

なかったという

かわいそうな男。

そんなボウズの男の

釣り日誌です。

・・・・・・・・

ボウズの男がその名を返上してから

久しいのではあります。

それでもやはりボウズの日は

絶対にあるハズです。

ちょくちょく出かけては

いるようなのですが、

釣果はあまり耳にしませんね。

f:id:ninasimone:20200908140951j:image

先日も、こやつが

ガレージ横に立て掛けてありました。

・・・行ったハズなのにね。

 

実際そんな日は、釣具が傷んでないか

チェックをしていたと

いわんばかりの雰囲気を漂わせて、

はなから行かなかったことに

しているのではと

思われる節があります。

 

つまり、何も語らない・・・。

まあ、こっちも

何処まで行ってきたとか

「ボウズ」だったのか

などとは聞かずに、

見てみぬふりをするわけですが。

 

そんな日が何回か続いた先日、

「そろそろアオリの季節だから

様子を見てきたんだ。」

と写真を送ってきました。

f:id:ninasimone:20200830062846j:image

小ぶりなイカが一匹いましたね。

久々に釣れたのね。

 

通常、アオリイカは

春から夏にかけての産卵期が

旬とされているのですが、

秋にそこそこ大きくなった

今年生まれた個体を

狙う輩もいるわけです。

その輩なわけですね、彼は。

 

こういう疑似餌に

騙されるんですね。

f:id:ninasimone:20200908141019j:image

 

「この時期は、まだこんな大きさかな」 

1杯だけかい?

「あとは小さすぎてリリースした。」

そうかい、大漁の日を楽しみにしているよ。

 

帰宅後、キッチンで

なにやら作業をしていたので

こいつのお刺身が食卓に

のるのかと思いきや

いたのはこれでありました。

 

カサゴのお刺身ですね。

f:id:ninasimone:20200830062933j:image

イカはどうなったんだい?

「ゲソは冷蔵庫にあるから好きに食べて」

身は?

「持って帰って食べる!」

ああ、そうかい。

少し悔しく思っている

自分が恥ずかしい。

 

何やかんや言っても、

彼の釣果を期待していたことに

気付かされたわけです。

なるほどねえ。

 

ま、カサゴのお刺身も

おいしいんですけどね。

f:id:ninasimone:20200830063109j:image

 

そして、こいつの刺身でなくて

良かったと思うべきでしょう。

f:id:ninasimone:20200907153951j:image

なんでも、ナントカという

珍しい海蛇なのだとか。

名前を聞いたのですが

記憶にございません。

「齢」ですねえ。

当然、リリースしたようです。

 

小さくてもいいから

アオリイカ、待ってるよっ。

「小さくてもだけ余計だワイ!」

 

それから一週間後の朝。

どうだとばかりに、

クーラーボックスが

置いてありました。

中をのぞいてみると・・・。

f:id:ninasimone:20200912080317j:image

5杯いるそうです。

「9杯釣ったけど4杯は逃がした。」

10cm以下は自主規制しているのだとか。

そうなのかい。

だからお持ち帰りが

ないときもあるわけね。

そういうことにしておこう。

 

バットに並べてみると・・・。

f:id:ninasimone:20200912083430j:image

 

雄と雌の違いを教えてもらいました。

↓横縞があるのが雄。

f:id:ninasimone:20200912083541j:image

↓斑点があるのが雌。

f:id:ninasimone:20200912083549j:image

ほう、そうだったんですか。

大きくなるともっと顕著に

なるそうですね。

 

それよりですね、

お刺身食べたいです。

よろしくね。

 

というお話でした😏

でわ、また。

 

最後まで、お付き合い

ありがとうございました。