この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

ピンクのムスカリ「ピンクサンライズ」その2

以前に、ピンクのムスカリを

植えたのですが、

普通のヤツが咲き始めているのに、

まだ蕾すら確認できない

という話をさせていただきました。

www.kokochiyoi-blog.com

 

当分、ダメなんだろうと

しばらく目を離している隙に、

蕾が出ていました。

f:id:ninasimone:20200311081104j:image

これでやんす。

 

そして、すぐに

一番下の花が

膨らんできました。

f:id:ninasimone:20200314221527j:image

植物の生長は早いですね。

といっても、ここからが

なかなかなんですよね。

 

で蕾の出ているヤツに隠れて

もう一つ葉っぱを出している球根が

あるにはあるのですが、

これは葉っぱが細くて

蕾が出てこないのではと

心配です。

2個が分球するのと

1個から始めるのとでは

倍、違いますからね。

 

ところで、普通のヤツは

もうすでに、こうなっておるのです。

f:id:ninasimone:20200312070837j:plain


f:id:ninasimone:20200315142652j:image

 

実は他に白いヤツもおるのであります。

ホワイトマジックとか

いうヤツですね。

状況はピンクと

似たり寄ったりですね。

f:id:ninasimone:20200315142846j:image
ピンクサンライズよりは

球根の数も多かったですし、

球根一つ当りの花房の数も

多いようなので、

増え方もだいぶ早いかと

思ってます。

 

このほかに、ちょっとピンボケで

申し訳ないですが、

タッチオブスノーとかいう

天辺だけ白いというのも

いるのでありますが、

これも、どうも

咲くのが遅いようです。

f:id:ninasimone:20200315144655j:image

 

ところで、ムスカリに

和名ってのがあるんですよね。

最近知りました。 

「葡萄風信子」

ブドウヒヤシンスとでも読むのでしょうか。

でも、なるほどという気はします。

ついでに言えば、

英名は「Grape Hyacinth」なんだそうで、

どっちが先だったのかは

知りませんが

そのまんまやないかい!

と突っ込みたくなる名前です。

 

さて、分球でコヤツらを増やそうと

考えているのですが、

普通のムスカリは、

もともと球根がたくさんあったので

そこら中に植え付けて、

邪魔になったら掘り返して

また植え付けるという形で

増えました。

特に増やそうなどという

意識はなかったのですね。

 

ところが、数少ない球根を

確実に増やそうとすると

いつ掘り返していいのかとか

実はよく知らないことに

気が付きました。

 

で、あちこち調べてみると、

分球は3年に一度ぐらいが

良いのだそうです。

 

げっ!

3年後か・・。

と、落胆しちゃいましたが、

実は、

植えっぱなしでも良いけど

長くても3年に一度は

掘り上げましょうね

的なニュアンスの用です。

 

ムスカリって、植えっぱなしですと、

葉っぱ長く伸びて

みっともなくなるそうなんです。

 

ああ、そうだったのか。

 

これ、実はわたくし実感してます。

だらだらと伸びて、

地面にへばりついているのが

いやでいやでしょうがなかったのですが

そういうことだったんですね。

植えっぱなしは

花も小さくなるそうです。

 

今咲いている

紫ムスカリの葉っぱも

そういえば随分と細長いです。

 

ラベルにはこう書いてあったんです。

「植えっぱなしでも毎年咲く」

いや、そうなんだけれども・・。

 

今年から、毎年掘り上げようと決心しました。

 

目指せ、キューケンホフ公園。

ja.wikipedia.org

ウィキペディアの写真の

青紫色の花はムスカリです。

この川のように密植した

「ムスカリ・リバー」で有名です。

行きたいけど、行けねえなあ。

 

以下、手順を箇条書きにすると、

〇7月ごろ葉が枯れ始めたら掘り上げる。

 ・球根を傷めないように大きめに掘る。

 ・葉や根を取り除く。

〇分球する。

 ・古い球根の周りの新しい球根を

 手寧にはずす。

 ・小さすぎるものは捨てる

 (サンライズのは捨てられない気がするなあ)

〇陰干しする。

〇ネットなどに入れて風通しの良いところで保管する 

〇11月中旬くらいまでに植えつけを行う。

 

そして、球根を太らせるため、

邪魔になっても、

葉っぱが枯れ始めるまで

手を出さない。

 

 

ホワイトマジック。

え、わざとらしい?

 

でわ、また。