この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

若狭のお寺巡り その2

昨日に引き続き、

若狭のお寺巡りです。

その2は「若狭神宮寺」。

f:id:ninasimone:20201124160250j:plain

 

創建はパンフレット によると

714年とされていますが、

現在の本堂は、雷で焼失したものが

1553年に再建されたものだそうです。

そして、再建した人物は

なんと、今「麒麟が来る」にも

登場している朝倉義景なんですって。

 

失礼かもしれませんが、

ユースケ・サンタマリアの

イメージが頭にちらついて、

厳かな神社の雰囲気を

妙にコミカルなものに

変えてしまうのでした(笑)。

 

この本堂は旧国宝で、現在は、

国指定重要文化財となっています。

 

駐車場に車を止めると、

階段の奥にその本堂がみえます。

f:id:ninasimone:20201123160239j:image

発色の良いモミジが見えますね。

紅葉、早く見たいじゃないですか。

ところがこの階段、

何があったのか

進入禁止になっていました。

本堂の右側に回り込むよう

案内が出ています。

つい、足の運びが

早くなってしまいました。

つまり、こうです。

f:id:ninasimone:20201124162038j:plain

ニナシモネ画伯渾身の解説図

 

若狭神宮寺のある一帯は

神宮寺という大字名で、

かなり昔からこのお寺を中心に

門前集落が形成されていたことを

示していることになるようです。

 

回り込んだ先には、

神宮寺を紹介する

看板が設置されています。

f:id:ninasimone:20201123162303j:image

奈良の東大寺へお水送りを

しているお寺でもあるんですね。

f:id:ninasimone:20201123162553j:image

表門の屋根に積もる

散りモミジが

とても印象的でした。

この表門、桃山時代のものと

パンフレットには

書いてありました。

f:id:ninasimone:20201123162614j:image

その表門の屋根に

モミジを降らしていたのは

この木ですね。

 

そして、境内に目を向けると

見事に赤くなったモミジが。

f:id:ninasimone:20201123162634j:image

f:id:ninasimone:20201123162656j:image

樹齢を感じさせる幹の苔。

f:id:ninasimone:20201123162712j:image

散ったモミジで

埋め尽くされる境内。

f:id:ninasimone:20201123162733j:image

f:id:ninasimone:20201123162752j:image

きれいな葉っぱです。

f:id:ninasimone:20201123162814j:image

ここの紅葉は、

素晴らしかったですね。

 

f:id:ninasimone:20201123162839j:image

オレンジ色を被った

茶室の建物も

なかなかの趣があります。

このモミジが

駐車場から見えたようです。

 

本堂に目を向けると、

お水送りを前面に主張する

柱がありました。

f:id:ninasimone:20201123162901j:image

本堂回廊からみた、

本堂周りのモミジ。

f:id:ninasimone:20201123162936j:image

f:id:ninasimone:20201123162953j:image

そして本堂全景。

f:id:ninasimone:20201123163031j:image

 

最盛期には、

七堂伽藍二十五坊を有していた、

といいます。

ところが、豊臣秀吉の時代に

寺領没収の憂き目に遭ったほか、

明治時代初頭の廃仏毀釈により

社殿を壊されてしまい、

今の状況になったようです。

 

豊臣秀吉の関係で言えば、

神宮寺の庇護者だった

若狭守護武田元明の妻、

松の丸という人は

のちに秀吉のお妾さんに

なったという話もありますね。

武田サンは明智光秀と

懇意だったとか言いますし。

 

なんなかなあ、

ですねえ、戦国時代。 

 

でわ、今日はこの辺で。

最後のお寺はその3です。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。