この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「欲望という映画をご存じかいな」 - Blow Up

「欲望」と邦題のついた映画があります。「欲望」なんですけど、原題は、「Desire」ではなく「Blow Up」なんですね。

「Blow Up」には、①膨らませるとか、②破裂する、③腹をたてる、④叱りつける、⑤拡大するなどの意味があるそうです。

 

この映画は、ストーリーの発端が偶然撮った写真を引き伸ばしたことにありますから、意味としては5番目になるんでしょうね。

 

なかなか難解な映画だと思うんですよ。

私はこの映画は、ハービー・ハンコックがサントラを手掛けているということで、知ることになりました。

Blow Up

これですよね。全13曲。

パーソネルが、フレディ・ハバード(tp)、フィル・ウッズ(as)、ジム・ホール(g)、ロン・カーター(b)、ジャック・デジョネット(ds)などそうそうたるメンバーです。

ただ、曲としては、そんなに好みの曲が入っているわけではないのです。

アルバム冒頭から??。

 

強いてあげれば、6曲目の「Jane's Theme」、9曲目の「The Kiss」あたりですかねえ。

 

今はこんなジャケットになっていて、収録曲も17曲になっています。 

Blow-Up

Blow-Up

 

 

で、なんにせよ、これを聴いていて、じゃあ映画はいったいどんなものなのかいな、一度見てみようかい、となったわけです。

欲望 [DVD]

欲望 [DVD]

 

なんか怪しげな装丁ですよねえ。

これだけ見ていると「欲望」とつけられたタイトルにも違和感がない、というか違うベクトルの映画にさえ思えてしまいますよね。

そうして見た感想が、最初の方にも書いた「難解な映画だなあ」ということですね。

少しググっていただくと、いろんな評価を見ることができます。

映画の絵画化というようなものもありました。

 

まあ、ヤードバーズの演奏シーンはグッドでしたけどね。「Stroll On」演奏してましたよ。もちろん、アルバムにも収録されています。

 

注目するところ、違うだロー、と叱られそうですね。

そのとおり!

 

ということで、サントラを先に聴いてから見た映画があったのだけれど、難しくてよくわからなかったという話でした。

 

でわ、また。