この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「虹の向こうに・・。」 - Still I'm sad

庭に水を撒いていると、

ときどき、その中に

虹が見えたり

しますよね。

 

いろんな方の

ブログを拝見すると

そういった写真が

多数掲載されています。

 

やり方はわかっている。

太陽を背にして、

細かい水滴を

たくさん撒いてやれば

良いはずです。

 

なので、私も

やってみました。

 

「アジサイと虹」という

コンセプトです(笑)。

 

f:id:ninasimone:20190626064928j:image

真ん中あたりですが

微かに見えません?


f:id:ninasimone:20190626064938j:image

これなんぞ、わりと

綺麗に写っていますね。

ですが、単菅も

写り込んでいて

ノーグッドですね。

アジサイも

写ってませんし。

 

試行錯誤の結果、

この辺で落ち着きました。

f:id:ninasimone:20190626064949j:image

 

今日のところは

これぐらいで

勘弁してやろう。

 

いや、満足しておこう。

 

水をもう少し細かい

霧状に出せると、

もっと濃い虹に

なりそうな気がします。

 

みなさん、どう工夫して

撮ってらっしゃるんですかね。

 

結果として、相当量の水を

撒くことになりました。

おかげで、辺りは

びしょびしょに。

 

虹の向こうには、

洪水が待っていた。

 

On Stage

On Stage

 

発売時は、LP二枚組

だったんですよ。

64分程度の音源を、

裏表4面に散りばめてある。

1番短いのは、C面。

「ミストゥリーテッド」一曲。

Rainbow-Mistreated-On Stage - YouTube

 

13分程しかない。

 

4面あったら90分は

いけるはずだ、

なぜ目いっぱい

収録しないのだ

などと

憤っておりましたね。

 

ステレオセット以外で

聴く手段は、当時は

カセットテープでしたが、

60分には入らないし、

90分では、余りすぎるし。

 

苦肉の策で、 

余った部分に、

2回目を何曲か入れて

聴いていた気がします。

 

それはつまり、

「ヘビーローテーション」

になるわけです。

 

これとか。

Rainbow - Still I'm Sad Live 1977 ( On Stage ) - YouTube

 

ファースト・アルバムには

インスト・ナンバーとして

収録されていたんですよね。

Rainbow - still i'm sad - YouTube

 

それが、ディオの

ヴォーカルが加わって

こんなにも変わるんだ、

と思いましたね。

昔の話ですが。

 

オリジナルは、

ヤードバーズの曲らしいのです。

Still I'm Sad- The Yardbirds- 1965 - YouTube

 

そのヤードバーズも、

実はグレゴリオ聖歌から

引っ張ってきたらしい。

奥が深いのねん。

 

どっちにしても 

数倍、レインボウの方が

いいように思うのは

私だけか。

記憶の美化ってやつか。

 

でわ、また。