この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「何事もうまくいかない日ってあるんですよ。その時は、スカッとする 音楽を聴こう」 - Bring Me To Life

何事もうまくいかない日って、

ありますよね。

 

朝、職場に行こうとすると、

全ての交差点が「赤」

でしたねえ。

 

なんとなく予感はあったんですよ。

  

するとですね、イントラネット上の

ソフトウェアから

Java 2 Runtime Environment が

「ねえ!」

の一点張りで、先に進めず、

 

帰ろうとすると、

突然の強風に、開けた車のドアが

足を「強襲!」

帰ったら帰ったで、リモコンの

電池が一斉に切れていたりして。

あ”ー 

 

このほかにも、細かいことが

いっぱいありました。

 

一体私が、

何をしたというんだ!

 

まあ、いろいろ

やって

いるんで、しょうがないんですが。

ソコは反省しましょう。

 

そういう日でした。

 

で、そういう日は

 

「ロック」を聴くに限る!

 

ということで、しばし大音量で聴いたのは

「Evanescence」のデヴュー・アルバム

「Fallen」(2003年)であります。

なぜに「Evanescence」?

 

そんなこと言わないの。

思いついたからです。

 

1曲目の「Going Under」

2曲目の「Bring Me To Life」

3曲目の「Everybody's Fool」

 

あたりは、

もやもやとした気分が晴れます。

もちろん、「私は」限定ですよん。

 

うるさいの「嫌!」

という方も多いですからね。

 

そうそう、「Bring Me To Life」は、

映画「デアデビル」のサントラにも

入ってたんですよね。

Dare Devil (2003) Trailer - YouTube

 

これで話題になったもんですから、

私もこのバンド

聴くことになったんですよ。

デアデビル/ディレクターズ・カット [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

デアデビル/ディレクターズ・カット [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

フルだと、こんな曲です。

Evanescence - Bring Me To Life (Official Music Video) - YouTube

 

ゴシック・メタルというんですかね。

嫌いじゃないんですよ、この辺り。

FALLEN

FALLEN

 

「何事もうまくいかない日」ってありますよね、

そういう日は、スカッとする

音楽を聴いて、心地よくなりましょう

という話でした。

そして、それが今回の私の場合は

「エヴァネッセンス」だったと。

 

でわ、また。