この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「リチャード・ロジャースのブルームーン、クリフォード・ブラウンのが好きです。」 - Blue Moon

ブルームーン

青い月ってことすよね。

 

天文学的現象としてとらえるとこういうことのようです。

ブルームーン - Wikipedia

結構、小難しいですね。

 

お酒もありますね。ビールですけど。

モルソンクアーズ ブルームーン 355ml×6本

モルソンクアーズ ブルームーン 355ml×6本

 

 

音楽でいうと、リチャード・ロジャース(Richard Rodgers)とロレンツ・ハート(Lorenz Hart)という人たちが1934年に発表した曲、「ブルームーン」(Blue Moon)が有名なんですよね。

ジャズではスタンダード・ナンバーになっているんです。 

 

ググってみると、その昔、ザ・マーセルズ(The Marcels)というグループが大ヒットさせたとあります。残念ながら、聴いたことはないですね。もっとも、グループ自体を知りませんでしたけど。

www.youtube.com

 

映画「ベイブ」(Babe、1995年)でも使われていました。

www.youtube.com

 

これらを聴くと「Blue Moon」という、どちらかと言えば、寂しくメランコリックな響きの言葉には、合わないなあ、という印象を持っちゃうんですよね。

 

まあ、恋人?が現れてもう一人じやないんだ、みたいな歌詞の内容からすれば、そんなに暗い歌ではないとは思うんですけどね。(わかってる風に書きましたけど、間違っていたらごめんなさい。)

 

ジャズとしては、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリディ、ジュリー・ロンドンとか、ホントにたくさんの人が歌ってますね。優しく語りかけるような、けれど、どちらかというと明度の高いイメージを受けます。

 

なんかしっくりこない気がするんですよ。

 

しかしながら、私が思う言葉の雰囲気にぴったしの演奏もあるわけでして・・・。

私が単にマイナー調の曲が好きだというだけなんでしょうけど。

 

たとえばこれとか・・。

www.youtube.com

良くないスか?

 

さらには、このアルバムの4曲目のヤツ!

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス

  • アーティスト: クリフォード・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

www.youtube.com

タイトルにピッタリの雰囲気でしょう。

 

そんなことはない! っスか?

 

そうっスかねえ。

 

まあ、秋の夜長に満月でも見ながら、聴いてみてくださいよ。

 

心地よく、まったりできると思いますよ。

 

でわ、また。