この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「氷と言えば・・・。陽水か甲斐バンドか。はたまた小松未歩か。」 - Cold as Ice

いやー、今日の朝は寒かったですね。

 

ウチの蓮鉢もご覧の通りですよ。f:id:ninasimone:20190110074750j:image

 

まあ、氷は良く張りますけど

これだけ、しっかりと張ることは

最近ではそうないですね。

 

ちょいと、割ってみました。
f:id:ninasimone:20190110074931j:image

お、かなりの抵抗。

厚げな予感。

 

水を抜いてみました。f:id:ninasimone:20190110075040j:image

 

おお、厚い。

f:id:ninasimone:20190110075123j:image

といっても、1cmぐらいですかね。

日光とかの天然氷は、厚さ15cmが

切り出しの目安といいますから

まだまだですなあ。

 

にしても、こんな氷が張っちゃって、

蓮は大丈夫なんだろうか?

ちょっと心配になりました。

 

で、

 

「氷」と言えば・・・。の本題に入りましょうか。

 

漢字で氷というと思い浮かぶのが

まずは、井上陽水のアルバム「氷の世界」(1973年)ですねえ。

ホンットに良く聴きました。

井上陽水 氷の世界 - YouTube

こんなあか抜けた印象ではなかったですけど。

 

5曲目の「氷の世界」、6曲目の「白い一日」、

7曲目の「心もよう」、一つとんで

9曲目の「桜三月散歩道」。

 

ヘビーローテーションでした。

 

次に浮かぶのが甲斐バンドの「氷のくちびる」です。

甲斐バンド 氷のくちびる - YouTube

 

彼らの4枚目のアルバム「この夜にさよなら」(1977年)に

収録されていますね。

このアルバムも良く聴きました。

特に「きんぽうげ」が大好きでねえ。

 

そうそう「くだけたネオンサイン 」も捨てがたい。

甲斐サンの作曲じゃないけどね。

この曲を聴くと何故かクラプトンの

「Little Wing」を思い出してしまう。

 

最後にもう一つ、

小松未歩の「氷の上に立つように」ですな。

小松未歩 - 氷の上に立つように - YouTube

 

名探偵コナンの主題歌でもありましたからね。

知ってる人は多いでしょう。

彼女の2枚目のアルバム「2nd~未来」(1998年)に

収録されてますね。

「願いことひとつだけ」とか「anybody's game」、

「手ごたえのない愛」とか良く聴きました。

 

氷の世界

氷の世界

 

 

この夜にさよなら

この夜にさよなら

 

 

2nd?未来

2nd?未来

 

 

おお、今日は邦楽の日ですね。

 

洋楽だと、フォリナーの「Cold as Ice」ですかね。

以前にも変なとこで触れてますね。 

www.kokochiyoi-blog.com

「氷のように冷たいぜえ」

「必ずしっぺ返しを食うぜエ」

みたいな歌ですから、何ともいえませんが

いい曲だと思います。

 

Foreigner

Foreigner

 

「今日は邦楽の日ですね。」とか言いながら、

結局は、洋楽かよ!って?

 

そうなんですケド。

そんなこと言うア・ナ・タ。

 

「You're as cold as ice!!」

 

氷で滑らないようにねっ。

 

でわ、また。