この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「ジャガイモを植えました。四種類。」 - Potato

いつもより、少し遅めですが

ジャガイモを植えました。

 

男爵と変わり種を

いくつか植えるというのが、

普段のやり方です。

ちなみに昨年は、

雪のため、植え付けも遅く、

種芋も手に入らなかったので、

男爵とメークイン、そして、

収穫後、越年したインカのめざめでした。

 

インカのめざめは、ただでさえ

小粒なのに、大きくならなくて

とっても残念でした。

粘質系で好きなんですがねえ。

 

過去にはシャドークイーンとか

ノーザンルビーとかも

植えたことがあります。

 

が、紫の肉色は、いろいろと

問題もあって、数多く作っても

消費がついていかないのですね。

 

で、今年は、この4つ。

f:id:ninasimone:20190311140902j:plain

 

男爵とメークインは、

定番のジャガイモです。

なにしろ、失敗が少ないですよね。

 

紅あかりとさやあかねは、

名前のとおり、赤皮のじゃがいもです。

 

植え付ける前のジャガイモの写真を

撮ってないので、

「日本いも類研究会」のHPに、

画像があったのをお借りしました。

「さやあかね」です。

f:id:ninasimone:20190311180056j:plain

日本いも類研究会提供

「べにあかり」です。

f:id:ninasimone:20190311180210j:plain

日本いも類研究会

ささやかながら、

「ジャガイモの消費拡大」

に努めているつもりです。

じゃがいも品種詳説

 

さやあかねの方は皮色は薄く肉色は黄色い。

べにあかりの嬢は皮色が濃く肉色は白いですね。 

 

どちらも、コロッケに向くそうで、

似たような肉質でした。

 

ここで、問題に気が付きます。

 

男爵も含め、煮崩れしやすい

イモばっかりではないのか?

皮の色は微妙に違うが、

味は似たり寄ったりではないのか?

 

メークインは少ししか植えてないし。

 

ああ、

今年はコロッケばかり食べることに

なりかねんですなあ。

 

そうだ、今からなら追加で植えても

遅くはないかもしれません。頑張るか。

・・・ただ植え付ける場所がねえ(無え)。

 

来年は、もう少し考えることにします。

 

ところで、こうした品種は

品種改良で生まれるんですね。

例えば、「べにあかり」ですと

日本いも類研究会のHPには、

「北海61号」を母、「R392-50」を父  

と書いてあるんですが、

品種改良でいうところの

父、母がどういうことなのか

よくわかりませんでした。

 

これは、雄しべ側が父、雌しべ側が母

ということらしいですね。

聞けば当たり前のことですが、

私にとってはピンとこない話でした。

 

性質は、母方のモノを

強く引き継ぐので、ソコ、大事らしいです。

 

 

でわ、また。